FC2ブログ

クラウドが栄えたら・・・

今、IT業界では、クラウドコンピューティング・Saas・ASPサービス等が話題を呼んでいます。

Saas・ASPサービスを総表してクラウドと読んでも間違いではないので、ここではクラウドとして用語統一してお話をします。

クラウドとは、顧客独自のソフトを作成するのではなく、どこの顧客でもあるだろう業務、例えば会計ソフト、給与ソフトなどのパッケージソフトをクラウドセンターからインターネットを使用し即稼動させるものです。

費用も月額レンタル料などの使用期間に応じて使用料を払うものです。

IT業界の今後の流れとして、クラウドに向かう傾向があることは必然です。

今まで、特に日本企業に関して言えば、IT導入が非常に遅れており、ITと言えばそれは中堅企業と大企業のためのみに活用する道具であったと言っても過言ではありませんでした。

しかし、ここに来て日本が栄えていくには、中小企業のIT導入なくして日本の繁栄はあり得ないことが経済産業省も少し理解し始めています。(なぜ、必要なのかは、後日、このブログでお話します)

IT業界の市場規模は、これからもどんどん増えるのです。

クラウドは非常に便利で格安です。
しかし、全てのITがクラウドに移行することなどは、あり得ないのです。

全ての顧客が全部同じソフトを使用することなどあり得ないのです。

特に、資本主義国の場合は、個々の競争があるからこそ、企業の発展しいては国の発展に大きく繋がっています。

だから、独自性や企業の存在価値を考えたら他社にないITを構築することこそが、経営戦略であり勝ち抜くことになるのです。

どこでもある、会計業務、給与計算などは、クラウドで十分ですし、箱パッケージソフトで十分です。

IT導入にもステップがあります。
一次の部門単位での導入から四次の企業間連携までのステップがあります。

一度に四次の企業間連携をすることは危険です。

時間をかけて一次ステップから順次導入することをお勧めします。
即時性や戦略を考えながらクラウドにすべきが、オーダーメイドにすべきか・・・を
専門業者と相談しながら一つ一つ実行に移すことが重要です。

間違えても雑誌やマスコミの一部情報だけでIT経営を決定しないことです。

皆さんのIT経営が一歩一歩繁栄という目的に向かって進むことを祈願しております。

ソリューションの詳細について

業務ソフトのことなら、業務ソフト工場
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: