FC2ブログ

若い時の苦労は買ってでもせよ

今週の「社長の足跡」ブログです。

「一度、地獄を見ると世の中に辛い仕事はない。」
「苦しい経験は若いうちにするからこそ得られるものがある。」

とジャーナリストの池上彰さんの言葉です。

20代でどれだけ苦労するのか。

「若い時の苦労は買ってでもしろ」とよく言われたものです。

また、過去と今の若者を比較するような話になってしまいますが

現代の若者は、苦労を買ってでもしているんだろうか。

「努力しろ」と言い過ぎないようにする。

「辛かったら逃げてもいいんだよ」

「教えてくれないからできません」

等々と今と昔では大きく考え方が違っている。

昔からすれば今の考え方は違っており、今の時代からすれば昔の考え方が違っている。

どちらにしても考え方に正しい・正しくないはないと思う。

どれだけ自分自身が考え方をしっかりと理解し、納得し、実行に移せるのかにかかっているのだと思う。

Aさんが正しいといっても

Bさんは違うと言う

どっちが正しいかは誰にも分からない。

結果次第である。

両方とも正しいかもしれないし、両方とも間違っているかもしれない。

ただ、どちらにせよ努力は必要であるし、病気になるぐらいなら逃げてもいい。

問題は、その度合いの問題である。

この度合いが最近では低くなっているので、我々年配者から見ると「最近の若者は・・・」となる。

でも、今の若者もそれなりに努力をしている。

あくまでそれなりにである。

現実的に心が強い弱いに関わらず、心を痛めてる、身体を壊している人は多くいる。

これが一言で言うならば時代の違いとなるのであろう。

若い時は、体力ありどんどん多くの苦労をし成長したものが、後半の人生を更に豊かにする。

大きく成長することは間違いないのである。

だから、自分で判断し、他人の意見を聞きながら、また見習いながら、自分ではまだ頑張れる、これ以上は頑張れないというボーダーラインを「自分で決める」ことである。

決して簡単なことではないが、これができないと病気にもなっていくし、豊かな人生にはならない。

「全ての判断は自分が行なっている」のだから。

最後まで読んで頂き感謝です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: