FC2ブログ

組織はみな同じ

久しぶりにコロナと組織について書いてみようと思う。

感染が始まって約1年と4ヶ月ぐらい。

一般の人でここまで長く続くと思っていた人がどれぐらいいただろうか。

ほとんどの日本国民はここまで長引くとは思っていなかったと思う。

「緊急事態宣言」という言葉もほとんどの人が初めて聞く言葉だと思う。

戦争経験者がほぼいなくなり、国を動かしてる人たちの中にも経験者は少なくなっている。

私はコロナが始まった昨年3月ぐらいに、この感染症は早急に完璧駆除しないと必ず広まり、もう手がつけられないぐらいになるのではないかと想定していた。

なので昨年4月に第一波が来た時に

ここで全ての企業を停止しないと

といっても生活に必要な医療関係、食品関係などは止めるに止めれないと思う。

そうなると、輸送関係も必然的に動くことになると思う。

だから最低限生きていくために必要なライフラインに関係する仕事だけ動かし

それ以外は全部止める必要があると思っていた。

かつ、一ヶ月外出禁止令という強い処置を持って完全に食い止めないと絶対長期化すると私は思っていた。

当然1年前の当時では、たらればの話であり私のような有識者ではない単なる経験と勘だけの意見は誰も信用してくれないと思うが、案の定4波になってもう収束はきかない。

あとは、いかにワクチン接種を多くの人が行い、感染を止めることはできないが発症や重症化を防ぐことに徹底するしかなくなってしまった。

元々、日本国民は平和ボケをしていると言っている。

国を動かしている政治家たちも平和ボケをしている。

そして政治家たちは命を守るのが第一優先と言いつつも経済を優先し、ましてや止めると大きな判断ができる政治家は誰もいない。

だからどうしても後手後手に回った策や甘い政策が表面に出てしまうのであろう。

これは会社も同じでありタラレバの話は言えたとしても根拠が足らないとどうしても決断が鈍ったりする。

そして振り返ってみてあの時こうすればよかった。

あーすればよかったと反省をするしかないのである。

会社も大きく挑戦をしたいが現状維持するのが精一杯で挑戦まで回らないことが多々ある。

人間の成長と一緒で会社も成長し続けなければならないが、現実多くのどうしても乗り越えるために時間を多く必要となることも多い。

それはコロナ感染の影響であったり10年前のリーマンショックのようなものには、どうしても時間がかかる。

結局、国を動かす組織も会社を動かす組織も同じである。

特に会社は大中小とある。

そして決断することは同じである。

どこかで、誰かが、勇気を持って決断をする必要がある。

リーダーが必要である。

リーダーによってそれぞれの組織が進む方向が決まっていく。

コロナの現状を振り返りつつ会社の現状と合わせて考えていくと、思うようにはいかないことをしている。

またそれが苦しさでもあり、逆にそれを乗り越えた時のやりがいや楽しみにもなるのではないかと生きている以上前に進むしかないのである。

時には一歩進み2歩下がることもある。

しかし前に進み続けるしかないのである。

今日は独り言のような内容になってしまった。

最後までお付き合いしていただきありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: