FC2ブログ

若い社員の成長

我がインデックスでは毎年少人数ではありますが、新卒採用をしてきました。

その新入社員達にいつも伝えてることがあります。

その一つとして

「今は皆さんの同期レベルは、ほぼ同じレベルでスタートしますが、小さな差であっても数年経つと大きな差になり、普通に成長する人、大きく成長する人、目標も定まらず最悪転職をする人などと大きな差が出ます。」

「今からしっかりと学び、働く意味を理解した上で自分が成長すること、やりがい、生きがい、人の役に立つことなどを学んでいきましょう。」と伝えています。

新入社員研修の時はすごく理解していると思うし、理解しようと一生懸命頑張っていると思います。

それが数ヶ月、1、2年と経つとなぜかどこかに行ってしまいます。

インデックスでは新入社員研修を行いだして10年かかっており、最近新たな研修として「相互理解研修」というものを追加しました。

教えたことを忘れてしまう、それは普段意識していないからです。

会社もそれを意識してもらうための仕組みも必要だと思ってこの研修を入れました。

会社ができることは、人を変えることはできませんが、変われるチャンスの場を用意することは、時間の許す限りお金の許す限り提供したいと思って日々考えています。

でも、変わろうとすることができない人も多くいます。

それは最終的にはその人の人生であり仕方がないと思っておりますが、変われなかった人は残念だと思い、変わってきて成長しててくれた人は感謝に堪えないしとても嬉しく思います。

今の私は経営者でありますが、新卒で入った会社を17年間で退職したので中途組に入るのかもしれません。

一般の中途組と違うのは同じ轍を踏まなかったという所だと思います。

前の会社で何らかの理由で辞めた、しかしその理由が次の会社でクリアされる保証などはどこにもないのです。

だから同じ轍を踏む可能性は十分にある。

私はそういう同じ失敗はしたくなかったので自分で経営者になろうと思って経営者をしております。

私が経験して良かった点、悪かった点などを出来るだけ早い段階で若い社員たちに教えたいと思っています。

日々社員達と同じ仕事をしているわけではないのでOJTで教えることができない分、研修などで教えたい。

それもなかなか時間を作ることが難しくなってきております。

そんな貴重な時間を使って半日または1日かけ「豊かに生きるための研修」をしています。

だから良い方向に変化し成長してくれるととても嬉しく思います。


既存社員に対して社員満足度調査を先月行いました。

その結果 64% 満足しているという結果が出て少しびっくりしています。

あくまでこれは既存社員に対するアンケートですから、過去の退職者が入っていない数字ですだから、そう考えるとそんなに良い数字ではないかもしれませんが、不満など無い人は誰もいないと思いますし社長の私でも不満があります。

そんな中での数字ですので少し嬉しかったです。

この社員満足度数値をもっと高い数字にしていくのが、今の私の目標となっています。

多くの社員に成長して欲しいと思っています。

世間では今年も特にこのコロナ禍の中で来年にかけて採用が難しい段階になってきていると思います。

でも私は多くの仲間を少しでも増やしていきたいと思っています。

最後まで読んで頂き感謝です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: