FC2ブログ

実は21年目の創業記念日

12月といえば自分の誕生日。

6月といえば母親の誕生日。

でも、6月と言えばもう一つ誕生日があった。

会社の創立記念日である。

昨年は20周年ということもあり、その前の年ぐらいから何かしなくっちゃとわくわくしていたことを思い出します。

今年は全く忘れていました。

6月3日、ある社員から

「今日は創立記念日ですよ!」と言われ

「そうだった!」

創業者が創立記念日を忘れるとは子供の誕生日を忘れるのと同じぐらい罪だと思いました。

全く情けないやら、でも社員から創立記念日ですよと言われた時はやっぱり嬉しい。

それはそれで嬉しい。

2020年、21年目である満21歳である。



少しだけ過去を振り返ると・・・

創立は1999年、バブル崩壊した年である。

崩壊した翌年であったのかもしれない。

創業当時の最初2年間ぐらいは、本当にやっていけるのか不安で仕方がなかった。

決算も赤字である。

お金がどんどん減っていき借りたくても貸してもらえるような時代ではなかった。

今は創業すると言うとお金を貸してもらえるが、当時は早くて半年やっぱり1年の決算書がないとお金を貸してもらえない時代であった。

そんなんで我武者羅に働いた覚えがある。

サラリーマンの頃は早く一日が終わらないかなぁなんて考えていたが、経営をやりだしたら時間がいくらあっても足らない。

私がもう一人欲しいと思うようになった。

全く真逆である。

だから業績も上がった。

毎年のように売り上げが2割から3割上がっていき、従業員が50人近くになったある時、利益が出なくなった。

賞与が出せない。

社員は机を蹴飛ばし辞めていく。

自分も何のために経営をしてるのかが解らなくなった。

そんな時、愛知中小企業家同友会と知り合った。

そして経営とはなんぞや?

何のために経営をするんだということを真剣に考えるようになった。

そして今の経営理念「心豊かになる企業を作る」にたどり着いた。

そのためには、先ずは「お客様に喜んで頂く」ことをしようと決めた。

ここまでの話は社員であればみんな知ってる話だ。

でも、ふと振り返ると21年あっという間であったが、いろんなことがあった。

身の丈に合わない大きな受注をし上から無理難題を言われ

一旦はお断りをしたんだが人情にほださ軽請負をしたことにより裁判になってしまった。

裁判も長期にわたり結果、和解に至ってはいるがこれも良い経験となった。

経営を一生懸命に行っていると多くの人にお世話になった。

今も当然お世話になっている人もまだ多くいるが、中には去って行った人もいる。

インデックスも売上利益主義から理念経営に切り替わっている。

売上や利益を追っていた時は本当に心が苦しいことが多くあった。

最悪のリーマンの時は会社が潰れるかもしれないと腹をくくったことを今でも思い出す。

そんなことを考えていると、今回のコロナショックは他社さんには申し訳ないが、さほど心配をしていない。

一番心配していないのは「雇用が守れる」ということである。

雇用が守れるということは、経営者である私としては一番嬉しいことである。

そして責任が果たせているという安心感がある。

そういう観点でいくとすごく落ち着いて判断ができる。

21年間経営していて一番の成果は、自分が成長したということである。

多分、私は経営者をやっていなければ今のような人物ではなく

自己中心的な我がままな人間であったと思う。

今でも親友や妻に言わせば我がままだと言われるが(笑)

今の我がままは、我がままを理解をした上での我がままである。

本当に迷惑をかけてるかどうかを知った上で行動していると自分では自覚をしている。

まあ、そんなことで21年が過ぎ30年に向かって進んでいる。

現役の会長兼社長という役目をこれからも邁進していこうと思っている。

後継者と言えるかどうか、一応期待している社員もいるので少し安心である。

今のインデックスはまだまだ利益を上げることが下手な状態ではあるが、社員の質が非常に良くなっている。

少し時間かかり過ぎたが、ここからビジネスモデルに力を入れていけば必ず大きく利益が出るインデックスになると思っている。

私はやるべきことがあり日々楽しいし、64歳になっても心は若いままである。

最後まで読んでいただき感謝です。

DSC_0092_convert_20200608153925.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: