FC2ブログ

学びと人生は一つ

もう亡くなられた太田隆先生の話をまとめてみました。

どこまで太田先生の話が腹に落ちてるか

わかりませんが

また、天国から「苅谷くん違っているぞ」と言われるかもしれません。

「生きる」とは、自分が生きるということを目的として生きているんだ

自分自身がいるということ自体が、目的として生きているんだといいことです。

その生きる行き方は、他人を頼りにしないと生きられない。

でも、一方では自己中心的であり

他方では、他人に頼らないと生きられないという矛盾が、現実にはこの両極端を右往左往しているということが人生だと思うし、その張り詰めた緊張で毎日私たちは生きているという現実があります。

また、「学び」ということと「生きる」ということは一体であるという考え方も

大きな意味合いで「学ぶ」こと自体、「人生」そのもののことである。

そして、学校や家庭でその学びを助けるのが

教え育つ「教育」であるということ。

そう考えるならば、教え育てる、教えて直すという考え方は、

あくまで目先のことであり、それは本人の学ぶという気づきをサポートすることに他ならない。

決して、教育をして人を変えるというようなことはできなく

本人がその気になるか

気づくか

だからこそ学びというものは、その本人の力の結果

その人の生き様を作る物が学びであるというふうに理解します。

簡単にまとめるとするならば

日々の生活過程や労働の中で多くの人と係り

自分が生きていく、そして自分というものを見つめ、自分というものの今を作っていくこと

その中身、自分という持ち味を鍛え上げていくことこそが、人生なんだというふうに感じます。

今日のこの文章は、自分の考え方をまとめる為に書きました。

いいかどうかの判断はあるでしょうし

紆余曲折はあろうかとは思いますが

私の学びと想いをここに綴った限りです。

最後まで読んでいただき感謝です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: