FC2ブログ

インデックスの粗品と恒例

週1回の「社長の足跡」掲載です。

毎回、読んで頂きありがとうございます。

さて、今回はインデックスでの我が社の粗品についてアップです。

イベント事、例えば10周年記念、20周年記念や年末年始の挨拶などの粗品。

社内では粗品を定期的に作成しております。

マグカップであったりボールペンなど大したものではありませんが

一つ、数百円のものとなります。

高くても2000円程度のものです。

今年の年末年始の粗品も決まり下記の写真のようなものになりました。

付箋とボールペンとメモがセットになったものだそうです。

毎年、女性営業マン決めてくれていいます。

若い子たちの発想なので多くの人に喜ばれるかどうか判りませんが

私が選ぶよりは絶対に良いものだと信じてます。



インデックスでは年賀状も廃止しており、今年からお歳暮・お中元も廃止しました。

経費の問題もありますが、それよりも効果がどこまであるのか

年賀状も日本の風土としてはとても良いフードだと思います。

タダ、恒例的に、流れ作業的に送り、心のこもったもので無いのであれば

貰った側も嬉しくないと思います。

多くのお客様に一筆書くというのもとても重要ですが大変であり

誤字脱字も出たりして失礼な部分があるかもしれません。

また、お歳暮・お中元も大手さまほど受け取ってもらえなく

時には、お客様からお叱りのあるようなものまで渡してしまったこともありました。

中小企業の我が社は、やはり流れ作業的に何かをするというのは

作業的には良いかもしれませんが

果たして本当に相手のお客様にとって良いものかどうかを考える必要があると思います。

特に最近では経費の見直もしっかりと考えています。

過去の恒例たからといって正しいとは限りません。

前回の社員旅行でも最初の挨拶で

「過去の延長線上に未来はない」という話もしました。

社員たちは変化を基本的には嫌います。

しかし、変化をしない会社は発展継続しません。

若い子達が昔と大きく変わっているのは、若い子達なりに変化しているから

今の若い子達がいるんだと思います。

これはこれで昔の人は、それを認め

良いか悪いかは別としてもコミュニケーションをとっていく

若い子達に合わせる必要はありませんが、若い子たちの気持ち考え方を知り認めることは必要です。

それと同じように企業も年賀状・お歳暮・お中元・粗品など変化していかなければいけないと思っております。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

DSC_0076_convert_20191119095926.jpg

DSC_0077_convert_20191119095948.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: