FC2ブログ

社員の退職

経営者としてはあまり触れたくない課題に敢えて今回は触れます。

それは社員の退職についてです。

特に学卒新入社員の退職に関しては、特に大事なご子息ご令嬢を親御さんから預かり

社会人として社員教育をしていくという責任が経営者にはあると自覚をしています。

よって3年以内に退職する場合は、

本人の意思が重要であるのは理解しつつも

やはり親御さんからお預かりした以上

厳しく、愛情をもって育てる義務があると思っています。

3年以内に退職した社員の親御さんには、

以下のような文面で手紙を本来は書きたいと思っておりますが、

そういった行動をすること自体

今の世の中、ふさわしくないと思われる風潮があるため

敢えて遠慮させて頂いております。

しかし、もしお手紙を出すとしたら

この様な内容になるでしょう。

新入社員研修から1年、2年と社員教育に力を入れ参りましたが、

この度、ご子息様と会社の目的を共有することが出来なくなりました。

ご子息様も一年、二年と時間が経過するとともに

また、数回の面談を重ねても解消することができなくなりました。

結果的に、ご子息様の学卒新入社員という切符を捨てさせることになり

誠に申し訳なく思っております。

これも私の未熟さであり、反省するとともにご子息様の今後のご活躍を祈っております。

云々、というような内容の手紙になろうと思います。

インデックスでは学卒新入社員の離職率は格段に減ってきているものの

全ての新入社員が自社の教育プランに則り必ずしも順調に成長することとはなりません。

残念なことに途中で方向転換したり、挫折してしまったりする人もいます。

全社員を救いたいのですが、聞く耳を持たなくなってしまっては最早、手遅れ状態な場合もあります。

これからも、何が新入社員にとって良いのか、

全体で考えるのではなく、個々で学びやキャリアプランを作るべきであるとも思考しておりますが

中々、体力不足の中小企業にとっては難解な課題です。

まだまだ、これからも頑張って邁進してまいりますので、

応援よろしくお願いいたします。

最後まで読んで頂き感謝です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: