FC2ブログ

人を生かす経営をするためには・・・

約二ヶ月ぶりの投稿である。

ここ三週間ほど、自宅で夕飯が出来ないほど超忙しかった。
本当に疲れた感があり、あげくのはてに声がでなくなってしまった。
お陰さまで、少し出るようになったが、かぜの症状は治っていない。

なので、二ヶ月間の動きを数回に分けて投稿することにした。

今回は、人の成長=会社の成長の話である。
会社とは、単に器しかなく、会社を構成しているのは、人、社員である。
よって、社長は、当然であるが、社員により会社の器と風土、良い会社、強い会社などが決まっていく。

わが社インデックスGでは、人事考課制度を取り入れているのだが、今一成果が発揮されていないと感じている。
理由は、明白であった。
社長の熱意が足らないからである。

よって、今回、日々の行動から育成するように変更検討中である。
人事考課制度は、ある意味、本人責任の所が強い。
優秀な社員ばかりならそれで良いが、ほとんどの社員は、年に1.2回の評価のためにだけになっている。
だから直前になり焦る。
今年も出来なかったが、来年、また頑張ろう。(また、結果、頑張れない)
個人も上長も評価する手間が半端ない。
でも、手間をかける割に結果は、あまり成長や成果に綱がらない。
等々、8年間ぐらい頑張ったが今一である。
そんな人事考課制度も今では、超簡略化されてはいる。

今後は、日々の仕事や日々の行動、日々の発言から育成していく。
ある意味、当たり前だが、わが社インデックスGもはじめ多くの中小企業でも出来ていない。
だからインデックスGも徹底してやっていく。
そのための経営企画会議も始まっている。
中途半端は、認めない。
どんな良いルールやマニュアルを作っても日々の行動が伴っていなければ結果などでない。
過去のインデックスGは、そんな会社であったが、今の社員は違う。
とても優秀だ。
問題は、それを徹底するリーダーがどこまで出来るのか・・・である。

来年は、インデックス20周年となる。
そんなインデックスが大きく変わる良い人材育成CAとなるであろう。


最後まで読んで頂き、感謝です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: