FC2ブログ

青年同友会 合同例会に参加 ~自分の甘さを痛感~

2月22日土曜日に愛知青年同友会合同例会に参加してきました。

原則、土、日に仕事に係ることは無いように努めているのですが、だんだんそんなことも言っている場合じゃなくなってきています。

と言っても今回は、自主的に参加し40歳以下の経営者の雰囲気を掴もうと参加した。

もうひとつの理由は、ちょっと興味があった、大坂塾を経営している大坂氏の講話を聞きたかったのです。



テーマ:「高い志は実践力を高める ~未来を見据えて実践しよう~」

ぱっと見、経営者としてテーマは普通であるが、講話を聞いて多くの刺激を貰った。

この「高い志」が、半端じゃない。

この「実践力」も半端じゃない。

私も「100人企業100社起業」と言う志をもって日々望んでいるが、この私の志が甘く中途半端であることを気づかせて頂いた。

「実践力」も同様に大坂氏は、徹底して情報分析し、徹底的に実践している。

私は、社員に任せ、時々口を出し、PDCAを廻していても結果出来なければ、頑張ったから仕方が無いとなっていた。

そうじゃないんだ~

社員が結果を出せるように全て(環境から仕組みまで)を教えたり、準備したりして必ず結果を出し続けることが必要であることを知った。

やっていることが、実践力じゃなく、結果(やれていること)を出す事が実践力だったのです。

分かったいたが、「実践」出来ていなかった。
青年同友会1



基調講演、分科会と続いて最後には、交流会に突入します。

約500名の参加です。

青年同友会ってこともあり、若い経営者が多い。

下、写真は、18歳の若き経営者または、後継者であろう。
青年同友会2



最後に、この合同例会に携わったプロジェクトのメンバーが全員壇上に上がり、それぞれの想いを語った。

PJ長は、歓喜のあまり、涙ボロボロとなったが、それも会を盛り上げるには、良き効果であった。
(貰泣きしてしまった(笑))
青年同友会3



今回、参加して本当に良かった。

さっそく、自分と会社の未来予想と実践予定を見直し再作成しようと思う。

そして自分だけでは、絶対に出来ないので、どうやって社員達仲間を巻き込もうか・・・

再考が必要となった。

神様が、まだまだ、苅谷に「心豊か」をプレゼントするためのテストをしているのだと思い、我武者羅に頑張るパワーを貰って感謝である。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^v^)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: