FC2ブログ

日々の作業結果を正しく把握するには・・・

予定とする納期に合わせ自社が提供する製品やサービスを作り上げるためには、事前の計画を踏まえた作業、工程の管理を行う必要があります。

製造工程に携わる従業員はもちろん、原材料の調達を始めとする他の部門の従業員についても各人の作業結果を把握します。

その結果、行程に遅れが生じた場合には、早急に原因追究を行い必要な措置を講じる必要があります。

そのためにも作業結果を、迅速かつ正確に把握し管理することが肝要です。

そのための効果的なソリューションは・・・
・生産管理システム
・スケジュール管理システム
・共有DBシステム
・CAD/CAM/CAE
・勤怠管理システム
・タイムカード
などです。

多くのシステムが必要となります。

時間も費用もかかります。

出来ることから一つ一つ実行して行きましょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: