FC2ブログ

情報システム間の重複入力や管理をなくしたい

IT化の初期の段階では、個別業務毎にシステムが導入される場合が多く、部署毎に閉じたデータの利用にとどまっていることが多いと思います。

しかし、業務は、受発注から、仕入/生産、入出庫、請求/支払いまでが一連の流れであり、業務毎や部署毎に閉じたシステム化では、各業務や部署毎に同じデータの入力が発生してしまいます。

IT化の次の段階では、業務あるいは部署毎にシステム間でデータの整合を取るために、データの締め時間や締め日を設けて、各システムで相互にデータの入出力を行うしくみを導入するのが一般的です。

これによりデータの重複入力も減り、データの整合確認のための目視チェック等の管理負荷も軽減されますが、締めのタイミングまでの間は、業務毎や部署毎にデータの更新等が発生するため、これを一時的に紙媒体にメモしたり、別途システム入力したりして、次のデータ整合確認のタイミングで生じた差異を相互に確認しなければならないといった手間が発生していることも多いのではないでしょうか。

情報システム間の重複入力や管理の手間を極力無くす最も理想的な方法は、業務毎あるいは部署毎の各システムで、共通のデータベースを利用できるしくみを構築することです。

データベースを共有化するためには、将来も含めてシステム化を計画している全業務を対象として、まずデータベースの設計を行い、これに基づき、個別の業務システムの構築を進めることです。

また、パッケージを利用する場合には、個別の業務システムからデータを自動入出力出来る機能を持つものを導入し、別途データベースだけを共通で構築して各業務システムを接続させる方法もありますし、全業務を統合的にサポートしたパッケージ商品やASP/SaaSサービスを選択する方法も考えられます。

そのためのソリューションは・・・
・購買管理システム
・見積システム
・インターネット販売サイト
・販売管理システム
・顧客管理システム
・会計システム
・共通DBシステム

などがお勧めです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: