FC2ブログ

甲子園 初の春夏中止を受けて

甲子園の開催が春夏と中止になりました。(2020年) 

選手たちになんて声を掛けてよいのか分からないのが本音です。

早い子なら小学生から遅くても中学生から甲子園を目指し野球一筋でやってきた子達が夢を奪い取られたことは親を失くしたことと同じくらい悲しい出来事だったと思います。

過去には戦争で甲子園が中止になったことはあった様です。

今回もそれと同じくらい戦争だと思います。

ウィルス戦争です。

日本高校野球連盟の判断は、私も危惧しております。

私の判断であれば、いや私の思いであれば、中止ではなく開催すればいいと思います。

選手たちの思いと選手たちの命とどっちを取るかという判断ではなく、両方取るべきだと思うのです。

地方大会は開催し途中で感染者が出たらその場で即刻中止をする。

そして緊急事態宣言が解除されていない1府3県については地方大会もできない。(2020/5/21現在)  
これは仕方がないと思います。

それ以外の県については地方大会を進めていく。

それでも甲子園に行けなくなる事由があるのであれば、そこで中止にすればいい。

「かかってからでは遅いんだ」と言うでしょう。

何でもそうですが、完璧な判断はないと思っています。

今回のコロナウイルスは、日本の死者4%程度、それも高齢者が多い。

そう考えると今後も付き合っていかなければならないと思います。

この先コロナが消滅するまでずっとこのような判断をするのでしょうか。

インフルエンザと同じように全くなくなるということはないと思います。
(天然痘の根絶があるので断言など出来る訳ではありませんが)

ワクチンや治療薬があるかないかでは大きな差があるとは思いますが、そんな中でのWISHコロナだと思います。

一緒に生きていく新しい生活様式を作っていくということです。

ある意味、今年の球児達は球児等に限らずウイルスの犠牲者であると言っても過言ではないと思います。

球児等に限らずインターハイの陸上選手、水泳選手全ての人たちが悲しい思いをしていると思います。

この悲しみを乗り越えなければなりません。

また、この悲しみを乗り越えた時にこそ今年の選手達にしかできない学びや成長がそこにはあると思います。

乗り越えてほしいと思います。

今回の日本野球連盟の判断は、賢い判断ではあると思いますが、正しい判断であったかは誰も分からないと思います。

立場によって判断が変わる苦渋の決断であったということは間違いないと思いますが、本当に可哀想だと思うと涙が流れてしまいます。

しかし、私が日本野球連盟の会長であれば同じ判断をしたでしょう。

みんなで頑張って乗り越えていきましょう。

最後まで読んでいただき感謝です。
スポンサーサイト



インデックスグループの社内報も立派になりました。

今回はコロナショックの話は止めにしてインデックスグループ社内の話をしたいと思います。

インデックスGの社内報の名称は「超広報」という名前です。

スーパー、パブリック、インフォメーションです。

早、第41号が春に出ています。

以前にも超広報の事を掲載したことがありますが、本当に最近は外部に出しても恥ずかしくないと自負しています。

経営指針書の作成も10年かかる!

社内報も3年はかかると持っていたので、これで外部に出しても恥ずかしくないレベルまで構成、内容、デザイン共にアップしたのだと思います。

来年にはお取引様にもお配りできたらと思っている次第です。

広報の中身を簡単に説明すると・・・

先ず、私の「社長コラム」

それ以外は、社員たちの手作り感があるページです。

「心豊かへの一歩」についての内容

そして、4月で言うならば「入社式2020年度」の入社についてのページ

そして、技術会社であるのでこれは避けて通れないページ「技術の窓」

そして、最後に「僕、私のプロフィール」と個人のお話です。

全体としてのバランスも取れており、本当に多くの人に見てほしいなーって思います。

インデックスの内容ですのでインデックスに興味のない人は、いらないと思いますが(笑)

本当は、全ページを PDF でアップしたかったのですが、どうもこのブログの機能としては PDF はアップ出来ないような感じですので、今回は一部の写真だけにしました。

最後まで読んでいただき感謝です。
image1_convert_20200518125630.gif

image_convert_20200518125648.gif

鎖国にすべし

少し古い内容になるかも知れませんがお許しください。

さて、ステイホームとなったGWはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は、急遽自宅庭に畑を作ったり

仏壇提灯を洗浄したりしてしっかりステイホームをしておりました。


では、本題です

やっぱり「鎖国に戻れ」というのは半分冗談で半分本気の私個人の意見です。

皆さんコロナの影響はどうですか経営的にも経済的にも個人的にもみんな困惑していることと思いますが乗り切っていきましょうね。

今は日本の自給率について結構話題になっています。

ってか、私が話題にしているだけかも知れませんが(笑)

コロナもいつ終息するのでしょう。

いずれ必ず終息やWISHコロナとなった時に、また同じ様な海外との貿易が繰り返すのでしょうか。

国内で消費するものは国内で製造し生産し、その自給率を70%、80%にする事が将来の日本を守るためには必要だということ。

私は以前から「鎖国に戻るべき」だ発言をしています。


決して海外との協力や世界皆兄弟を否定しているものではありません。

どちらかと言うと海外との協力はもっと行うべきと考えています。

ただ、万が一の時に国民が少しでも困らない方策を考えることが

政治家のBCPを考える役目であると思っています。

今回、海外との貿易や渡航ができなくなって多くの痛手が出ました。

人との接触が出来ないことの痛手を多くの人間は知ったことになったと思います。

特に有名なところではマスクの生産量です。

ほとんどのマスクは費用の安い海外で生産しているという目先の利益だけを追ったことによって4ヶ月経ってもマスクが全く市場に出ていないという状況がありました。

ここに来て少し市場に出る様になったようですが・・・

医療関係の所には届くようになりましたがまだまだ不足しているそうです。

このような海外に依存している性で起こりうる痛手は次にも必ず起きると思います。

その時に対処できる様に考える必要があると思います。

ちなみに私は福井で農業をこの6年素人ながら行なっております。

今は緊急事態宣言が発出されており行くことはできておりませんがコロナ騒動が終息となった折には本格的な農業に出たいなと思います。

誰か社員の中から僕やります、私やりますと手が上がらんかなぁ

最後まで読んで頂き感謝です。
DSC_0489_convert_20200511092706.jpg
(写真は、2017年5月のものです)

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: