FC2ブログ

コロナショックに負けないで!

我が社、インデックスGでもコロナショックをどう切り抜けていくのか?模索中です。

今のところ、特に大きな影響はなく

大きな被害を受けている企業様にはとても大変だと思いますが、是非頑張って頂きたいと思っております。

リーマンショックの時もそうでしたが、 it 企業は約半年後ぐらいに大きな波がくるような気がします。

今回の原因はリーマンショックとは全然違いますが、不景気不況と考えれば半年後秋ぐらいに大きな波が来るんではないかと思っております。

でも、絶対に会社を守り社員の雇用を守っていく覚悟です。

こんな大変な時期に転職している人、特に2021年度就職活動している学生さんは、本当に大変だと思います。

誰も、経験していない状況なのですから。

全国緊急事態宣言が発出されたことも受けて

先週からインデックスでは自宅勤務や時差出勤に力を更に入れました。

3月上旬から行なっておりましたが、4月7日の緊急事態宣言を受けて愛知は対象外であったとしても自分の生活は自分たちで守るんだ。

と、そんな思いから

10日から自宅勤務と時差出勤に力を入れています。

わが社にとって初めての経験ではありましたが、導入が順調であり社員の意識も高く、今のところ何も問題なくできていると報告をもらっております。

さらにインデックスGでは、今まで公共機関での通勤でしたが、しばらくの間は車通勤のできる方は車通勤する様に許可をしました。

人と接触しないことを前提に日々の生活を行いながらコロナ感染予防していきたいと思っています。

私は夜の会合とかは最近は、Web会議が多く出歩くことはめったにしていません。

多分私が感染すると死んでしまうので細心の注意を払っています。

と、諸事情なので通常の勤務体制ではなく、ひょっとするとお客様にご迷惑をおかけしているかもしれません。

今のところかけていると思っていませんが、もしも「何やっとるんだインデックスは」と御叱りがある場合は、当然ですがしっかり、遠慮なく忠告していただけると感謝です。

ではコロナショックをみんなで乗り切っていきましょう。

最後まで読んでいただき感謝です。
スポンサーサイト



インデックスグループにワーキングウーマン誕生

4月4日の中部経済新聞に我が社のK部長とYさんが「ワーキングウーマン」として掲載されました。

テーマは「働きやすい環境を作り出す」というテーマだったようです。

働きやすい環境は、まだまだインデックスでは不十分です。

なので、これから作り出していく、または今取り組んでいるという感じで記事になっているんだと思います。

愛知県は、全国平均に見ても女性の活躍がとても少ないと言われています。

男性社会らしいです。

女性が働か無くても生活苦が少ない県と云うことらしいですが、それも過去の話の様に感じます。

行政は、もっと女性の活躍を期待しているし、推奨しているそうです。

そんな中でインデックスの社員さんがワーキングウーマン働く女性ということで、記事に掲載されたことはとても嬉しく思います。

インデックスでは新聞の中にも取り上げてもらっていますが、いろんな認証を受けています。

そんな中でも、女性活躍をしている記事はとても嬉しいですし、真摯に前向きに取り組んでいる証だと思います。

K部長の設立当時からの話から色んな話も盛り込まれています。

是非写真をアップして読めるところの記事を読んでみてください。

一生懸命、頑張っていることが伝わってきます。

インデックスGでは、全ての人が活躍できる会社を作ろうと思っています。

社員全員が、主人公になってほしいという想いから私が以前から力を入れているところです。

このような記事が、私の知らないところでアップされるととても嬉しく感動しました。

一人でも多くの人がいろんなところで活躍することをこれからも祈っております。

最後まで読んでいただき感謝です。
DSC_0059_(1)_convert_20200413095724.jpg

コロナショック絶対に乗り切ろう!

皆さん!

コロナウイルスによる影響はいかがですか?

我が社は it 企業であります。

今のところ大きな影響はありませんが、今後何らかの影響があるものと思っております。

リーマンショックの時も製造業が疲弊し、その後サービス業に続きインデックスも半年後には、6割減7割減の売り上げとなりました。

雇用を守るために多くの借入れをし、多くの助成金をもらい雇用を守ってきました。

今回のコロナショックも長期化すると読んいます。

日本で早く終息体制に入ったとしても世界的に終息するまでには早くて1年かかると読んでいます。

今はオーバーシュートを起こさないように徹底して感染源を抑えようとしているようですが、感染源を途絶えさせることは無理があると思います。

これは今の政治家のやり方では無理がある私は思います。

今のやり方は、ある程度抑えることはできても止めることはできない策だと思っています。

多分、政治家もそれを理解しでも経済も止めるわけにはいけないということで結果、中途半端な対応策になっているんだと思います。

結果、長期化するでしょう。

では、長期化するのであればどうやって我々はこの一年乗り切らなければいけないのかを考える必要があると思います。

食べていかなければならない。

お金も必要です。

お金を払うためには企業は倒産してはならない。

雇用を解雇してはならないのです。

イベント、野球、相撲、 jリーグなど全て中止または延期。

学校もG連休明けまで休校とするところが多くあります。

長期するので、これについてはあまり賛成派ではありません。

規模を縮小してでもやるべきだと思います。

ただ、やり方の問題はしっかりと考える必要があります。

例えば入場制限をし、席は1席ずつ開ける。

マスクを持ってない人は入場できない。

試合数も半分にするなどのような対策は必然だと思います。

経済を止めるわけにはいけないということであれば、

やはり、この1年コロナと一緒に共存する方法を選ぶべきだと思います。

いろんな考え方があります。

いろんなトップの判断があります。

私は、絶対に会社を潰しません。

絶対に雇用を守ります。

そのための打てる手はなんでもします。

リーマンショックの時にトヨタが派遣切りを行った。

これは、とても社会的にも問題になり、我が社もこの影響で6割減7割減となってしまいました。

さすがにトヨタが同じ轍を踏むとは思いません。

ただ、トヨタも生きていかなければいけないのでどうなるかは分かりませんが、派遣切りをしないことを祈っております。

皆でこの難局を必ず乗り切りましょう。

そして早く抗ウイルス薬が完成することを期待します。

最後まで読んでいただき感謝です。

新入社員2020 迎える(入社式)

今日は、インデックスグループの入社式でした。

合同入社式が行えなった分

社内で手作り感、溢れる入社式が出来、これはこれで良い経験をしました。


入社式での私の挨拶を以下に紹介します。

良かったら読んで下さい。



○○くん、○○くん

おめでとう御座います。

もう、今日からお客様ではなく、完全に我々の仲間です。
よろしくお願いいたします。



今年は、本当に大変な年になりましたね。

コロナショックです。

誰が予想したでしょうか?

今までの経済不況は、全て人間が作ったものが崩壊した結果でしたが・・・

今回も人間が作ったものなのでしょうか?

そうだと言う人もいますが・・・

そして前回のリーマンショックもネズミ年、2008年でした。

今年もネズミ年です。

何か因果関係があったら怖いですよね。



内定取り消しをされた学生さんも多くいるようです。

わが社もリーマンショックの時と同様に何らかの影響があると思いますが

リーマンショックを乗り越えた様に

必ずやこのコロナショックを乗り越えていく覚悟です。



さて、新入社員さんにお願いです。

それは、笑顔と元気です。

笑顔は、常にニコニコです。

元気は、ワンオクターブ高く張りのある声です。

おはようございま~す? ではなく おはよう!ございま~す! です。

人は、暗い人に集まりません。明るい人に集まります。

人が集まればコミュニケーションが生まれます。

コミュニケーションが出来れば、仕事が増えます。

仕事が集まれば、成長します。

成長すれば、給与が増えます。

給与が増えれば、良い人生となります。

全て、元は笑顔と元気です。

もう一つ足すのであれば健康です。

どれもタダです。

誰にも邪魔されません。

あなた自身でできます。

ぜひ、新入社員には、この笑顔と元気を毎日実行して頂き、

会社に新しい風を吹かせ、社風を変えてほしいと思います。



現在のインデックスは、数年に一回の理念とビジョンの見直しをしています。

理念とビジョンが、今の時代にあっているか、どうか

達成可能なものか、どうか

皆さんの目的、目標になっているか、どうか、など

様々な観点から見直しをしています。

今の幹部達が決めて行きますが、

いずれ将来の幹部となって頂き、経営や会社の未来に携わって頂けたら嬉しいです。

また、本日を持って私は

社長兼会長に就任いたします。

以上をもちまして社長の挨拶とさえて頂きます。




最後まで読んで頂き感謝です。

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: