FC2ブログ

新入社員は誰が育てる

会社に於いて新入社員は定期的に毎年入ってきます。

その新入社員達は、いろんな生活環境、育ち方、家族構成、性格や価値観の違いなど

各種各様いろんな人材が集まってきます。

会社では、採用基準というのがあり、その基準をクリアした人のみが会社に入社するわけですが

それでもいろんな考え方を持った人達が集まります。

特にインデックスではコンピューターソフトを作っている会社なので技術力がとても大切です。

しかし、技術力での採点はしません。

人間力の採点が90%以上です。

それは「考え方」がとても大切だからです。

過去には時々、入社したいだけで偽って入社する人もいた様です。

どんなに技術力が高くても考え方が合わない人がいては、今後40年間一緒に働くことはできません。

友達同士でも同じだと思います。

いろんな友達がいると思いますが、考え方や価値観はある程度合っているのが仲間となるはずです。

全く考え方が真逆、価値観も全然違うという人たちとは仲間になれないと思います。

違った考え方を持った人たちが集まる会社ほど会社は強いと言われますが

相手の価値観を否定したり、相手の考え方を否定してはいけません。

会社の中では、この基準で進めようというものが必ず必要です。(ベクトル合せ)

方向性が定まってなかったり目標や目的が違っていては会社としては成り立たないからです。



さて、少し難しい話をしてしまいましたが

新入社員は誰が育てるんでしょう?

人事担当者の人だけに任せていて良いのでしょうか?

採用した人の責任であり、採用した人が育てれば良いのでしょうか?

特に学卒の新入社員の場合は、初めての社会人となり、大切なご子息を預かり、40年間その新入社員に本当の教育をして、人格ともに優秀な人材に育て上げる義務が企業にあり、その義務は社長だけが追えば良いのでしょうか?

採用責任と言うものです。

採用、人事、社長以外の先輩社員たちは関係ないのでしょうか?

もう、お判りだと思います。

社員を育てるのは全員の役目なのです。

特に仕事に関係する先輩社員は、一番の教育者にならねばなりません。

どんな良い研修に出しても

どんな良い講座に出しても

どんなにクドク教えても

日々の OJT に勝る教育は他にはありません。

となれば、新入社員がついた先輩のレベルが低ければ新入社員は育ちません。

優秀な先輩社員の元で仕事をさせたいと思うのは当然だと思います。

先輩社員が優秀ならば新入社員も優秀に育ち、またその新入社員も先輩社員になり、優秀な先輩社員になっていくのです。

これが企業の成長なのです。

新入社員が育たないと嘆く前に

まず、自分たち既存社員が誰が見ても恥ずかしくない先輩や上司になってほしいものです。

などと、言っている私は育っているのでしょうか。

最後まで読んで頂き感謝です。
スポンサーサイト



インデックスの粗品と恒例

週1回の「社長の足跡」掲載です。

毎回、読んで頂きありがとうございます。

さて、今回はインデックスでの我が社の粗品についてアップです。

イベント事、例えば10周年記念、20周年記念や年末年始の挨拶などの粗品。

社内では粗品を定期的に作成しております。

マグカップであったりボールペンなど大したものではありませんが

一つ、数百円のものとなります。

高くても2000円程度のものです。

今年の年末年始の粗品も決まり下記の写真のようなものになりました。

付箋とボールペンとメモがセットになったものだそうです。

毎年、女性営業マン決めてくれていいます。

若い子たちの発想なので多くの人に喜ばれるかどうか判りませんが

私が選ぶよりは絶対に良いものだと信じてます。



インデックスでは年賀状も廃止しており、今年からお歳暮・お中元も廃止しました。

経費の問題もありますが、それよりも効果がどこまであるのか

年賀状も日本の風土としてはとても良いフードだと思います。

タダ、恒例的に、流れ作業的に送り、心のこもったもので無いのであれば

貰った側も嬉しくないと思います。

多くのお客様に一筆書くというのもとても重要ですが大変であり

誤字脱字も出たりして失礼な部分があるかもしれません。

また、お歳暮・お中元も大手さまほど受け取ってもらえなく

時には、お客様からお叱りのあるようなものまで渡してしまったこともありました。

中小企業の我が社は、やはり流れ作業的に何かをするというのは

作業的には良いかもしれませんが

果たして本当に相手のお客様にとって良いものかどうかを考える必要があると思います。

特に最近では経費の見直もしっかりと考えています。

過去の恒例たからといって正しいとは限りません。

前回の社員旅行でも最初の挨拶で

「過去の延長線上に未来はない」という話もしました。

社員たちは変化を基本的には嫌います。

しかし、変化をしない会社は発展継続しません。

若い子達が昔と大きく変わっているのは、若い子達なりに変化しているから

今の若い子達がいるんだと思います。

これはこれで昔の人は、それを認め

良いか悪いかは別としてもコミュニケーションをとっていく

若い子達に合わせる必要はありませんが、若い子たちの気持ち考え方を知り認めることは必要です。

それと同じように企業も年賀状・お歳暮・お中元・粗品など変化していかなければいけないと思っております。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

DSC_0076_convert_20191119095926.jpg

DSC_0077_convert_20191119095948.jpg

社員旅行2019 飛騨高山 平湯温泉 焼岳

去る11月9日、10日と社員旅行で飛騨高山方面に行ってきました。

数えると20回ぐらい、いろんな所へ行っており

最初は、少人数でコテージでバーベキューをやったり

マス釣りをしたりと和気あいあいとファミリー的に行っていました。

時には新幹線で行き、集合時間や集合場所にバタバタとした覚えがあります。

最近は、中型バスだったり大型バスであったり普通の企業が行うような旅行になっています。

マイクロバスという時代もありました。

マイクロバスで行った時は、腰が痛くなるような思いもし

長時間揺られているとても大変なことを思い出します。

20年も社員旅行を継続していると、いろんなことがあります。

今では新入社員の登竜門といわれ一環して新入社員が幹事を務めています。

その新入社員が幹事を務めているという役目も昔と今とでは驚くほど役割に差が出ています。

なぜ新入社員が幹事を務めるのか。

それは毎年のように新しい風を吹かせてくれる新入社員に何か新しいことをやってほしいとの思いから何年も前から行なってもらっています。

最初の頃は企画にすごく奇抜性があり

催し物に凝っていた時代もあります。

いろんな覆面を被りおもしろおかしく盛り上げてくれていた時代

音楽と踊りで始まり大いに盛り上がったことを今でも覚えています。

当時は、まだ社長自身が結構口を出していたと思います。

ここ最近、特に3年間ぐらいはバスの中のクイズ、宴会でのクイズが恒例となっています。

だから企画を考えるというよりクイズの問題を考えるという兆候に走っているようです。

これも一生懸命にやっているとは思います。

ただ、私が思い描く新入社員の教育になっているかどうか疑問でなりませんが、定例化されたということはある意味良いことかもしれません。

毎年のように参加している私は、マンネリ化していることは言うまでもありません。

トラブル無くルールに沿って無難に社員旅行を終わらせようとするんであれば、新入社員に幹事をしてもらう必要はありません。

2、3年生、5、6年生が担当することが一番良いのかもしれません。

20年継続してきて、最近社員旅行のあり方に疑問を持つようになったのは私だけなのでしょうか。

他の先輩社員たちは何も思っていないんでしょうか。

そろそろ社員旅行先も限定されてきていると思います。

若い社員たちはどこへ行っても初めて行くところなので新鮮であるかと思いますが

10年社員にもなると当然重複してきていると思います。

それでも何度も行けば新しい発見があることも間違いありません。

学びの体験作業も楽しみでもあります。

今のインデックスは社長がリーダーシップを握っていた時代から

将来を考え幹部または、その下のリーダーまたは先輩たちが会社を引っ張ってほしいという思いで経営指針書が作成されています。

なので、この社員旅行のあるべき姿も全社員で考える時期が来ているのではないでしょうか。

新入社員もアドバイザーも一生懸命にやっています。

ただ、期待する結果が伴うように目標を与えてなかったり

指導したりすることが出来ていないのでしょう。

それは、最終的には社長の責任であることは当然です。



今回は天気に恵まれ行ったことのない飛騨高山大鍾乳洞にも行くことができ

平湯温泉でエメラルドグリーンと言われる温泉にも浸かることができました。

そうだ!初めて混浴に入りました。

これもまた楽しい思い出です。

多くの企業で社員旅行そのものを中心にする企業さんも増えてきている中

インデックスは過去に経営上の問題で社員旅行を中止した事があったそうですが

それ以外は連続して継続しています。

これもインデックスの強みでもあると思います。

会社にとって全社員にとってメリットのある社員旅行にしていきたいと思います。

最後まで読んでいただき感謝です。

DSC_0030_convert_20191111150314.jpg

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: