FC2ブログ

今!

最近、売上増もない・・・

採用増もない・・・

なぜだろう?

なぜ?

なぜ?

なぜ?



受託チームのレイアウト変更します。

増員し、テコ入れします。

更に強い集団にするために・・・



健康についての後ろ向きな意見が多いようです。

聞きたくありません。

健康管理は出来ていて当たり前の社風にしたい。



社内イベントに行かず社外イベントに参加します。

社内イベントは翌月に社員旅行がありますので・・・

社外イベントは、誘って頂いた時に参加しないといけないので・・・



「企業が求める人材」について

一般論と私の想いを明文化しました。

公開しました。



新しいソフトを検討中です。

採用することになるだろう・・・

社内でも使えそう・・・

お客様が喜んでくれることだろう・・・



ウォーキングをサボりがちである。



夜型人間になってきた。



以上、今! でした。
スポンサーサイト

なぜ、「人間力」なのか?

わが社は、ITソフト開発会社なのに、この「社長の足跡」ブログでは、ほとんど「IT」、「ソフト」、「コンピュータ」、「機械」などについてあまり記事アップしていないのが現状です。

それは、ビジネスモデルを問う前に業種に限らず全ての企業に共通して言える「人間力」についてしっかり学び理解することが如何に重要なのかが、企業として人としてベースになるからなのです。だからビジネスの前に人としての記事がどうしても多くなるのです。

人間力ができなければ、「100人の企業を100社作る」ことはできないのです。

同友会熱田7月例会

昨日、愛知中小企業家同友会熱田地区7月例会を開催しました。

テーマ:「社長が変われば、会社が変わる」

ラジオ風寸劇に始まり会員2社による「25の実践」報告、10テーブルからなるグループ討論と超楽しい時間を過ごすことができました。

私なりの昨日のキーワードは2つ。

1つ、トップが実践すると社員も頑張ろうと思う!

2つ、「信頼!」

熱田7月例会第1G

システムとは?

少し前にあるお客様から「システム」って何をもってシステムって言うの?

・・・と、雑談の中で質問されました。

辞書で調べると・・・

個々の要素が相互に影響しあいながら、全体として機能するまとまりや仕組みのこと。ITの分野では、個々の電子部品や機器で構成され、全体として何らかの情報処理機能を持つ装置のことや、ハードウェアやソフトウェア、ネットワークなどの要素を組み合わせ、全体として何らかの機能を発揮するひとまとまりの仕組み(情報システム、ITシステム)のことを指す。

・・・と説明されています。

要は、バラバラなものは、システムと言わず、バラバラのものを一つの仕組みにしたものを「システム」と言うことです。

例えば・・・

注文を貰ってから請求書を出すまでを考えてみましょう。

注文から請求までをバラバラに考えると以下のようになります。

1.注文をもらう。

2.注文内容により商品在庫を調べる。

3-1.在庫があれば、出荷準備する。

3-2.在庫が無ければ、仕入れる。(仕入作業は割愛)

4.納品書を作成する。

5.商品を出荷する。

6.請求書を発行する。

簡単にバラバラにしても6作業に分けることができます。

人間は、無意識の中で自動的に簡単にこの6作業を処理していますが、実は多くの処理をしているのですネ。

この作業をIT機械を活用したのが「システム」化すると言うのです。

と、説明させて頂きました。

上の例をシステム化すると非常に便利になります。

手作業では、注文をもらい注文書に記入する作業、納品書を作成する作業、在庫計算する作業、請求書を作成する作業が必要となります。

更に、何度も同じような入力をすることになり非常に手間になります。

書き間違えたら伝票が無駄になります。

そのような手間や無駄な作業が超効率アップになったり(注文書で入力したら後はボタンを押すだけ)注文を頂いたデータが分析データとして生まれ変わる情報になるのです。

「システム」化をすれば、事務効率アップは当然としてもっと活用すれば情報として生まれ変わるのです。

などなど・・・と、説明をさせて頂き、

お客様も「なるほど・・・」と納得して頂き必要なのですねと言って頂きました。

システム化

小さな社会貢献。

本日、古いパソコンの画面を3台寄付しました。

青年同友会の主催でのパソコンを被災地へ贈るということで、わが社も参加させて頂きました。

パソコン本体も検討したのですが、適当な物がなく結果、画面だけになってしまいました。

社員が運んでくれました。

わが社も毎年、クライアント様のいらなくなったパソコンを回収したりして一年が経つと、結構、倉庫には溜まります。

年ごとに業者に頼んで廃棄することになりますので、わが社も助かりました。
(当然、データは末梢しています。)

社会貢献も少し出来てわが社も助かりほんと、良かった!良かった!

お客様に喜んで頂けるSIベンダー

久しぶりの投稿です。

サボっていた訳ではなかったのですが、ついつい忙しさにかまけていました、「すいません!でした」。



昨日、超嬉しかったことがありましたので皆さんにご報告です。

Facebookをここ3カ月前からやっているのですが、これがまた超面白いのです。

その中で以下のような意見を頂くことができました。

続きを読む・・・

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: