FC2ブログ

【人間力経営】地元密着型が中小企業ベンダーの生きる道である

市場ではグローバル化が騒がれいます。

下請けでは将来の自社は「ない!」

世界に目を向けよう!

などと大きなことを風潮する先生方が多くいますが、現実的に中小企業が一兆一単にグローバル化が可能でしょうか?

下請けだけで何十年と経営してきた中小企業が可能でしょうか?

「絶対に無理」とは言えませんが、「簡単にはできない」とは言えます。

グローバル化をする前に先ずは地元地域で成功することを先に考えるべきです。

地元で成功しなければ世界で通用する訳がありません。

ただし、このことはベンダー企業や一般的な業種のことであり、老舗だったり地元密着型であったり下請けでない企業はグローバル化を早急に検討するべきです。

地元を大事にすること、それは販売だけでなく採用もビジネスパートナーも同様です。

先ずは、下請けから脱皮し「地元密着型の中小企業」になることが中小企業の生きる道であると考えます。
スポンサーサイト

【IT経営】ネット営業で成功するには・・・

ネット営業で成功するには「グーグル営業」と題してセミナーに参加してきました。

セミナー内容としては、何の事ないアドワーズの宣伝ようなセミナーでしたが、再認識することも多くあり刺激にはなりました。

アドワーズ(キーワード広告)に関してもSEO対策に関しても奥が深い。

ほとんどの中小企業では、操作が難しかったり、お客様の心理が読めなく途中であきらめているので成功しないということでした。

キーワードの絞り込みもできなく、ホームページがお客様から見て分かりにくかったり、お客様の要望にお答えするページになっていなく発信者側の勝手なページになっている。

マネージメント(プロセス管理)が重要なのに、そのプロセスすら考えずに・・・

ホームページが無いので作ればよい。

キーワード広告もやればよい。

専任担当者も置かずにやりっぱなし。

努力をせずに、「お金だけかかって問い合わせもない」と嘆く経営者が多くいます。

ネット営業で成功するには、それなりの時間とお金の投資も必要ですし、しっかりとした計画を立てそのプロセスに沿ってPDCAを回しながら実行し続けることが成功への道です。

IT研究会

わが社もホームページの製作を承っています。

でもほとんどのお客様がホームページの製作のみを結果的に要望されるだけでSEO対策などで売上アップを心底要望し投資するまでを選択されません。

運良くば、売上が上がれば良いと思っているお客様がほとんどです。

当然、そのレベルでもSEO対策は施すのですが、当然売上アップにはつながりません。

そんな簡単に売上が上がる訳がないのです。

本腰を入れて取り込むためにはしっかりチームを作り時間とお金を投資することが必要です。

そうすれば必ずネット営業は結果を出してくれます。

【人間力経営】法的に守られているビジネスはいずれ滅びる。

わが社が得意とする人間力経営について暫くの間、記事をアップして行きます。

少しでも参考になればご活用ください。

現在、企業にとっても国民にとっても厳しい時期を迎えています。

その中で一つひとつ出来ることに挑戦し頑張って見えると思います。

行政もしがらみの中、できることを色々な施策を打ち出しています。

数多くの施策、助成金により多くの企業が助けられていることは間違いない現状でありますが、この施策もいずれは消滅します。

各種業種別の法律なども同様に国内や海外の変化に対応し順応した法律や施策に代わっていかなければなりません。

企業も同様に社会変化に順応できない企業は滅び、変化に順応する企業が生き延びていきます。

今は、法律に守られていて順調であっても経営者は少し先を見据えた経営方針に変化する必要があります。

経営者一人の力も限られており限界があります。

社員の力を如何に引き出すか・・・力を出せる環境作りに注力できる経営者が社員の生活を守り続けることができるのです。

【IT経営】「PCお助けマン」サービスが経済新聞に掲載!

「PCお助けマン」サービスが7月23日の中部経済新聞に掲載されました。

わが社の3本柱(業務ソフト工場、PCお助けマン、教育)のひとつ「PCお助けマン」が、業界でも斬新ということで経済新聞社の取材を受け掲載されました。

非常に嬉しくありがたいことです。

掲載当日、社員がショップに新聞を買いに行ったのですが、どこも売り切れで当日は見ることができませんでしたが、お客様やパートナー様から「新聞に載っていたヨ」と多くの声をかけて貰いました。

一番多くの反響は、売り込みの電話でしたが、反響に対する手ごたえを確認することができました。

インデックスとしての一番の効果は、社員のモチベーションが上がったことです。

社員のモチベーションを上げるには外部要因が一番効果あると話していた矢先の新聞掲載でしたので本当にタイミングが良かったと思います。

今後も各種マスコミ系には率先して参加して行きます。有料でなければね・・・
中部経済新聞に掲載

お問い合わせは、最下段右、お問い合わせメールより承っております。

システムエンジニア大募集中!

わが社インデックスでは、業務ソフトのシステム設計やプログラム作成ができる人材を大募集しています。

現在、社員数20名ですが、本年中に28名にします。

20代から40代前半までの経験者を募集中です。

勤務場所は、名古屋市またはその近郊です。

男女は問いません。

採用必須条件が一つだけあります。

それは、「人間力」です。

テクニカルスキルよりも「人間性」を重視していますので、人として自分自身に誇りを持っていない方は入社できません。

この人間性を非常に重要視していますので人間性に自信がある方はどんどん応募してください。

直近で入社した方を簡単に紹介しておきます。
==============================
36歳の男性Aさん。

ユーザー企業からの転職者です。

ベンダーあがりではないので一般的な「あるべきシステム」の形は知りません。

メイン言語はVB系です。

公的機関の資格は、結構取得していますがシステム開発手法やプロジェクトマネージメント手法は独学です。

趣味は写真撮影とドライブです。

真面目ですが野望もあります。
==============================
続いて・・・
35歳の男性Bさん

ユーザー企業からの転職者ですが、Aさんとは大きく違うのは趣味的な開発経験の方が多く経験していること。

メイン言語はPHPなどのWeb系です。

資格は持っていません。基本情報もありません。

趣味は仕事(本人自負)です。

真面目で会社側の思考を持っています。
==============================
続いて・・・
34歳の女性Cさん

派遣要員の期間が長い転職者です。

生活のためにどこかに入社したいという一般的な動機ではなく、インデックスなら入社したいという応募者です。

普通、5社とか平行的に就活しているのが当たり前なのにCさんはわが社のみの応募です。

メイン言語はVB系です。

資格はプロでなくても取得できるものを一つです。

趣味は?。主人に尽くすことかなぁ~

真面目ですが関西人特有な性格です。
==============================

以上、直近入社の3名を簡単に紹介しました。

決してレベルは高くなにので、我は!と思う方は、どんどん遠慮せずに応募してください。

特に20代の経験者を歓迎します。

システム設計やプログラム作成ができる人材を大募集中です!

どうか「あなたの力をインデックスに貸してください!」

~ 社長より ~

共育講座終了式

社長が社員と共に学ぶ講座の修了式を先週末に行いました。

今回も3名の修了者が無事に終了することができました。

何のために働くのか・・・

経営理念とは何か・・・

コミュニケーションの必要性・・・

などを真剣に7カ月間考える講座です。

一見、ダサ!と思える講座ですが、これが非常に効果大です。

それぞれの意識が変わります。

一番、変わるのは社長自身です。

大事なのは、講座を終了することではなく、この意識を自社に持ち帰り行動に移すことです。

わが社の修了者3名には今後も期待します。

共育講座終了式1
共育講座修了式2
共育講座修了式3
共育講座修了式4

結納

先日の3連休に長男の結納を高岡市で行ってきました。

自分の結婚から29年が経ち、今度は自分の息子の結納です。

相手様のお嬢様を頂くことなので嬉しいことに決まっていますが、なんだか複雑な気持ちでいっぱいです。

時が経つのは早いものというより、あっという間に来てしまった・・・という感じです。


現代は便利になりました。

簡易結納式というものがあり、仲人なし。

会場もホテルニューオータニで行うことができました。

準備には若干の手間がかかりますが、当日は楽に行うことができました。

若き二人に乾杯です!
結納1

結納2

【IT経営】正しい会計処理の手続きにより内部統制を実現したい

会社法の変更、J-SOX法などへの対応等も含め、内部統制を厳格に運用し、制度や透明性、公開性の高い情報を用いて経営を行うことが、近年、社会的な要請となっており、その実現が急務となっています。

IT導入は、各種業務の効率化や省力化に効果を発揮するだけでなく、業務フロー等の標準化を進める上でも効果があります。

そのため、人の誤謬や恣意性を排除し、社内の各種手続きやルールなど厳密に運用することを可能にします。

そのための効果的なソリューションは・・・
・会計システム
・見積システム
・購買管理システム
・生産管理システム
・原価管理システム
・販売管理システム
・経営情報システム
・共有DBシステム
などです。

【IT経営】事務担当者の負担を平準化したい

ITを活用することにより、社内の情報を共有化し、誰もが有効活用することができるようになります。

しかし、特に入力作業を行う担当者に負担がかかりがちです。

IT導入を契機に、伝票等を基にデータ入力を行うのではなく、営業や生産などのデータが発生する現場の担当者がデータ入力を行う体制を築く事が肝要です。

また、集計作業などを自動化することで、事務担当者の負担を一層軽減でき、負担の平準化に寄与します。

そのための効果的なソリューションは・・・
・会計システム
・経営情報システム
・共有DBシステム
などです。

しかし、この平準化は、システムを導入することより運用を先に改善することが重要となります。
詳しくはお問い合わせください。

アライアンス商談会に参加

昨日、営業にくっ付いてアライアンス商談会に参加してきました。

愛知県の商工会議所が主催しているビジネスマッチングを目的としているのもです。

たった30分の商談時間しかないのですが、各社盛り上がった商談になっていたように思います。

ある企業さんでは実機まで持ち込んで商談していました。

ビジネスチャンスのきっかけになればと思います。

【IT経営】資金(運転資金、設備資金等)調達力強化のため財務体質を改善したい

資金調達力の強化のためには、自社の社会的信用を高めることが肝要であり、財務体質の改善は、そのための方策の一つです。

財務体質の改善には、まず様々なデータを収集・分析し、どこに問題があるのかを見極めなければなりません。

そのためには、恒常的なデータの蓄積や効率的な収集が必要です。

また、分析には一定の指標やチャートが用いられます。

このようなデータ収集・管理、迅速かつ効率的な資料の作成には、ITの活用が非常に有効です。

そのためのソリューションは・・・
・経営情報システム
・会計システム
・資金計画システム
・購買管理システム
・生産管理システム
・販売管理システム
・原価管理システム
・共有DBシステム
など。

詳しくはお問い合わせください。

社員を褒めたばっかりなのに・・・

先日、社員を褒めたばかりなのに・・・

今度は怒られてしまった!

クライアント様のためにならない話をしてしまい怒られてしまいました。

直ぐに対応してお詫びにあがり解決できたことは良かったと思います。

わが社の経営理念「お客様に喜ばれる・・・」が腹に落ちてなく日々業務に追われていると大きなミスを犯したのです。

フォローした技術者と営業のおかげ(人柄)で難なく解決できて本当に良かった。

問題は、今後二度とおきないようにどうすれば良いか・・・

経営理念を心底理解してもらうに全社員にどのように・・・

またまた社長の仕事が増えてしまった。

【IT経営】資金計画のための情報を効率的に収集したい

資金計画を立てるためには、売上や利益の管理、支払や入金の時期だけでなく、今後の販売計画や生産計画など様々な情報を把握する必要があります。

ITを活用する事により、各種データの実績や予定の収集、加工を短時間で行うことでできます。

ただし、そのためには社内で運用されている各システム間を連携し、各種データを効率的に収集できる環境を整備する必要があます。

そのために効果的なシステムとは・・・
・資金計画システム
・会計システム
・経営情報システム
・購買管理システム
・生産管理システム
・原価管理システム
・販売管理システム
・共有DBシステム
など。

わが社の社員が褒められました!

お客様から「お昼取った?」

社員Yさんから「大丈夫です。」(笑顔)

先日、お客様から「Yさんは昼食も取らずにモクモクと仕事をしていて真面目ですね・・・」

良い社員さんがいていいですね・・・と

私に教えてくれました。

非常に嬉しく誇りに思った瞬間でした。

社員Yさんは、わが社のサービス「PCお助けマン」のチームリーダです。

といってもリーダになってわずか2ヶ月ですが・・・

業務ソフト工場 ㈱インデックスの強み「人間力経営」の表れだと思います。

でも・・・終わってからしっかり食事はできたのかなぁ~。チョット心配?

【IT経営】売上原価管理・損益管理などを効率的に行いたい

売上原価管理は、ITを活用することにより、データの蓄積、集約、加工が簡便かつ効率的にできるようになります。

なお、原価管理システム以外にも、購買管理システムや生産管理システムなどの他のシステムでも同様の機能を具備している場合があります。

損益管理のためには、売上や実際の入金、原価の把握、商品やサービスを提供するためのコスト等を把握することが必要です。

データの蓄積、集約、加工が容易にできるITを活用することが有用です。

そのために効果的なソリューションとは・・・
・原価管理システム
・購買管理システム
・生産管理システム
・販売管理システム
・会計システム
・経営情報システム
・入出荷システム
など。

詳しくはお問合せください。

社員の自主性・・・

わが社は「自主性・一体感」を自社の強みにしています。

まだまだ、自主性があるとは言えません。

私が思っている「自主性・一体感」とは・・・

現実的に、社長が口を出さなくても日常業務がスムーズに廻る「社長がいなくても会社がまわる企業」です。

6月は、社長に「答え」を求めても即答しないことを徹底しました。

それは、もっともっと「自主性」を学ぶ場にしたいと強く思っているからです。

今月、7月は、「バックヤードフォロー」に徹しようと思います。

私が勝手に銘々した言葉「バックヤードフォロー」。

表舞台に立つのは社員であり、社長は裏方に徹する。

社員Aさんを指導するとき、直接指導せず上長や先輩社員に話をして、上長や先輩社員の言葉として社員Aさんに伝えてもらう。

直接、社長が叱ったり、ある事項を捉えて全社員にお小言を言う場合、しっかり出来ている社員は良い気分にならないし、もっと言うなれば、そんなことすら出来ない社員がまだ社内にいるのか・・・自分だけ頑張っても仕方がなのでは?と思うようになり萎えてしまうからです。

今、あなたは何をしなければいけないのか?
自分で考えること=「自主性」です、「気付き」です、「行動力」です。
「自主性」をしっかり持って全社員が会社を引っ張っている存在価値のある社員が良い社員です。

そんな社員が多くほしいし、そんな社員が100人いる企業にします。

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: