FC2ブログ

ハイカロ15周年コンサート

「ハイカロ15周年コンサート」に観客として参加して来ました。

15周年といっても3回目のコンサートなんですがね・・・

ハイカロ15周年コンサート
ハイカロ15周年コンサート

画像がボケていて「すいません・・・」
スポンサーサイト



2009/11/26 「アメログ」と「Twitter」

昨日、IT研究会に社員を連れて参加してきました。

メイン単語は、「アメログ」と「Twitter」です。

Web2.0は終息になり、今後はもっともっと一般ユーザーに判り易く気軽に入りやすい手法が流行るようです。って言うか、もう流行っているのかも・・・

Twitter(ツイッターと呼びます)に関しては企業でも参入しているところが多く使えそうです。

もともとフォロワーと呼ばれる方たちとコミュニケーションを持ち「つぶやき」サイトとして立ち上がったコミュニティですが、今ではすごい勢いで流行りだしています。

私もアカウントを取得しようと思います。

Web2.0も3年前に流行りだし、今終息しているという速さには着いていけない感がありますが、だからと言って無視することはできません。

Web系は早いもの勝であるから・・・
IT研究会


2009/11/25 製品開発に必要な情報を効率的に収集するには?

顧客にとって魅力ある製品・サービスを 提供するには、顧客が望むものが何かを把握することが肝要です。

そのためには社内外にさまざまなアンテナを張っておくとともに、それらの情報を効率的に集めることが必要になります。

また入手した情報を、できるだけ早く分析する必要があります。

そのために効果的なソリューションは・・・
・製品情報管理システム
・図面管理システム
・インターネット販売サイト
・自社サイト・ポータルサイト
・販売管理システム
・顧客管理システム
・クレーム受付システム
・見積システム
などです。

2009/11/20 熱田同友会11月例会に参加

一昨日、11月18日に熱田同友会の11月例会に参加しました。

同友会に入会し3年が経ちます。

毎月、いろいろな経営課題について学びます。

特に、人の問題についての学びが非常に参考になっており、わが社も大きく変革したことは言うまでもありません。

今回の例会は、「楽しく強い組織を作ろう」的な内容であり、4人さんのパネルディスカッションにての進行でした。

熱田としては珍しい進行方法であり、楽しく学ぶことができました。

私は、創業者でありますが、二代目・三代目の苦労話も多くあり、創業者とは違ったご苦労もあるのだと改めて実感しました。

でも、創業者も二代目でも目的は同じであり、その目的を達成する手法が違うだけだと思いました。

人には、その人の立場があり、その立場に立たないと理解できないことが多くあります。

わが社の社員でもホームページを作ることなど簡単と思っている人が多くいますが、実際は奥が深く
お客様の要望にプラスしてお客様が更に喜んで頂くことが如何に難しいか・・・自分のセンスだけではダメだということです。

相手の気持ちを理解することは、自分自身に多くの経験をし、体験してみて初めて相手の気持ちが判ることがあります。

大きな気持ちを持って、自己中心的な心を排除し、率先して物事に当たることが重要だと再認識しました。
熱田同友会11月例会


今回、わが社のクライアント様が、同友会に入会してもらいました。

同友会の良さや、意味合い、自社がどう変わったかを、いろんな方にお話し、共感を持って頂いた経営者が入会を希望されます。

非常に嬉しい話です。

決して無理強いするわけでもなく本人の意志で入会を決定して頂きますので同じ悩みや同じ目的に同意したことは嬉しい限りです。

今回入会された鈴木社長様、一緒に「心豊か」を目指し頑張りましょう!

2009/11/19 「競争力のある製品・サービス」を作るためには・・・

市場が飽和状態にある中で、競争力のある製品・サービスを提供する、すなわち他社製品との差別化を図っていくことは、企業としての生き残りをかけた重要な課題です。

そのためには、市場のニーズをいかに早く、また適切に把握するかが重要なカギとなります。

そのためには社内外にさまざまなアンテナを張っておくとともに、それらの情報を効率的に、かつスピーディに伝え、利活用することが求められます。

非常にありきたりの回答ですいません。

業種問わずに言えることは、これぐらいなので・・・

そのために効果的なシステムとは・・・

・NC機械/FA
・販売管理システム
・顧客管理システム
・クレーム受付システム
・社内電子メール、メール共用ソフト
などです。

2009/11/12 経営企画委員会「3年後の見える目標」

昨日、11日に経営企画委員会 定例会議を行いました。

月1回の会社運営と企画を決定する機関です。

いつもは、社内の会議室で行うのですが、たまには食事をしながらザックバランに行いたいと言うことで、栄の「我楽多文庫」さんの居酒屋で行いました。

「我楽多文庫」さん、お世話になり、ありがとう御座いました。

「3年後の見える目標」とは、経営方針で上がっている内容とは別に、もっともっと社員達がエキサイティングできる、イメージを具体的にできる目標についてメンバーからの意見を募集しました。

現実、この不況下の中で、わが社もその荒波に呑まれそうなギリギリ状態の中で頑張っています。

そんな中では、先ず社員達の条件面を元に戻すことが最優先課題となり、その課題をクリアーするための戦略が多く上がりました。

確かに素晴らしい「夢」や「目標」を掲げても他人ごとだったり、基本である条件面が完備していなくては、何年もモチベーションを維持することなど出来るわけありませんよね・・・

社長である私も、実は少し萎えかけていました。   正直なところ・・・

でも、社長が自ら萎えていてもダメだと自分に言い聞かせ頑張っていたところに、今回の食事をしながらお互いに言いたいことを言い合う場を設けれたことは、非常に良かったと思うし、非常にパワーを貰いました。

わが社もまだまだ、人間力経営には遠い道のりですが、3年前と比べると「天と地」のほど変わっています。
その点では、大成功ですし、人間力経営を経営戦略にしていることは、間違いないと言い切れます。

ここからが新たな勝負であり、これからは具体的に戦略を形にし、「心豊か」が見えるようにしていかなければなりません。

来期は、このような会を年2回にしたいなぁ~

Ps.この記事を読まれて良かったと思われたら「拍手」ボタンを押して頂ければ私の励みなります。
是非、応援して頂ければ嬉しく思います。

2009/11/10 経営実績の把握に必要な情報を効率的に収集・管理するためには・・・

経営戦略やビジネスプラン策定を効率的に行い、経営者の意思決定を早めるには・・・

業務進捗や経費の収支をグラフ化や一覧表化すること等により、経営実績の「見える化」を図ることが重要です。

そのためにはまず、各業務の実施状況を逐一データ化することが必要となります。

経営実績データを最も早く、無駄なく、正確に収集するには、まず、日々の基幹業務、すなわち、生産工程管理、在庫管理、売上管理、会計管理等において、計画や進捗をデータ登録するしくみを整備することです。

さらに、これらの基幹業務系システムの登録データを利用して、業務横断的に、商品分析、業務分析、収益分析、顧客分析等を目的として集計、図表化することです。

このような仕組みを構築することで、経営実績の把握に必要な情報を日々の管理業務を通じて収集・管理できるようになります。

そのための効果的なシステムは・・・
・生産管理システム
・会計システム
・経営情報システム
・共有DBステム
などです。

2009/11/6 管理コストの低減を図りたい・・・

管理コストの低減を行うためには・・・

日々の業務において、人員やその他の資本を効率よく稼動させ、予定通りの進捗を促すためには、あらゆる業務の場面において、きめ細かな管理が不可欠です。

さらに、経営改善や経営戦略を検討する上でも、社内および社外の様々な情報を収集・整理して、経営状況を詳細、正確、迅速に把握・分析することは極めて重要です。

一方で、管理レベルが詳細化、正確化、高頻度化する程、これにかかる管理コストは増大します。

生産工程システムや入出荷管理システム等を利用することにより、台帳等による管理に比較して、日々の業務における管理負荷を大幅に軽減することができます。

さらに、日々の業務において登録される、生産工程システムや入出荷管理システム、会計システム等のデータを取り込んで、原価管理システムや経営情報システムで自動集計することにより、全社的な経営状況の管理も省力化できます。

部署ごとに削減するのでなく、全社的に削減することです。

そのために有効なシステムは・・・
・入出荷システム
・原価管理システム
・在庫管理システム
・会計システム
・経営情報システム
・与信管理ステム
・グループウェア
などです。

できることから行動に移して行きましょう。

2009/11/4 経営者の意思決定を早るためには・・・

経営者の意思決定を早めるには・・・

まず、業務進捗や経費の収支を「見える化」することが大切です。

そのためには、各業務の実施状況を逐一データ化して登録、集計する機能や、グラフや一覧表等の帳票化により経営者に状況を分かり易く提示する機能が求められます。

経営実績の把握には、以下の2段階があります。

第一は、基幹業務の進捗を記録した一次データの把握です。

生産工程の計画と進捗の状況、在庫状況、売上状況、資金運用状況等の情報は、基幹業務システムを利用して把握できます。

第二は、各基幹業務システムを統合管理し、業務横断的に、商品分析、業務分析、収益分析、顧客分析等を把握できる経営分析機能を整備することです。

この経営分析結果を元に、経営者は、業務改善、新規顧客開拓、新商品/新サービス提供等の具体的な経営戦略を練ることができます。

そのために効果的なシステムは・・・
・会計システム
・経営情報システム
・資金計画システム
・社内電子メール、メール共用ソフト
・電子掲示板
・共有DBシステム
などです。

2009/11/2 谷汲山へドライブ

本日、10月31日土曜日にお袋と妻3人で谷汲山に柿を買いに行ってきました。

親父の墓参りを済ませ一路「本巣」へ

道の駅「いとぬき」、「もとす」と寄り(お袋も妻も道の駅ファンなので)ました。
道の駅「本巣」
↑「もとす」道の駅のシンボルです。

天気も良く、温かいというより半そででもOKなくらいの陽気です。

谷汲 華権寺

谷汲山に着いたのでは16時ごろで人通りは、まばら状態です。

今年は義理の父を亡くしている関係上鳥居はくぐれなかったので鳥居前でカシャと一枚です。

モペラ岐阜

暗くなりかけたので岐路に着いたのですが、行きに気になったショッピングセンターに急遽寄った。

正面から見ると幅だけでも1kmはありそうな大きさです。

写真でも先が見えないくらいです。(写真が暗くて見えないのもあるかも・・・)

店内も非常にクリンリネスが徹底していて気持ちが良かったです。

モペラ岐阜店内

今夜の夕食を買い込んで本当に岐路に着きました。

リッツ(わが家の犬)が待っているので・・・

帰ったら20時でした。

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: