FC2ブログ

2009/10/30 経営戦略、ビジネスプランの策定を効率的に行うには・・・

経営戦略やビジネスプランの策定を効率的に行うには、まず、業務進捗や経費の収支を「見える化」することが大切です。

そのためには、各業務の実施状況を逐一データ化して登録、集計する機能や、グラフや一覧表等の帳票化により経営者に状況を分かり易く提示する機能が求められます。

経営実績の把握には、以下の2段階があります。

第一は、基幹業務の進捗を記録した一次データの把握です。
生産工程の計画と進捗の状況、在庫状況、売上状況、資金運用状況等の情報は、基幹業務システムを利用して把握できます。

第二は、各基幹業務システムを統合管理し、業務横断的に、商品分析、業務分析、収益分析、顧客分析等を把握できる経営分析機能を整備することです。

この経営分析結果を元に、経営者は、業務改善、新規顧客開拓、新商品/新サービス提供等の具体的な経営戦略を練ることができます。

そのための代表的なシステムは・・・

・生産管理システム
・クレーム受付システム
・会計システム
・経営情報システム
・資金計画システム
・共有DBシステム

などのシステムが効果的です。
スポンサーサイト

2009/10/27 スケジュール管理を効率的に行うためには・・・

限られた社内の人員を効率よく稼動させるには、まず、全ての従業員のスケジュールや作業負荷を一元管理し、リアルタイムに把握できるようにするとよいでしょう。

これにより、作業負荷を平隼化するための調整が行い易くなりますので、必要最小限の人員で業務を遂行することが可能となります。
さらに、顧客要望等により急な作業が発生した場合にも、直ぐに手の空いた人員を充てることができるので、顧客サービスの向上も図られます。

また、社内の共同プロジェクト等で複数メンバーの予定を調整して会議を行う場合にも、メンバーの予定を一覧で確認して登録できますので、各メンバーの予定を一覧で確認して登録できますので、各メンバーへの連絡の手間がなく、ダブルブッキングの防止も行えます。

そのために効果的なシステムは・・・
・スケジュール管理システム
・グループウェア

などが、効果的です。

「グループウェア」って何?とかの質問でも結構です。
なんなりとメールをください。

2009/10/23 社内の情報ネットワーク化を進めるには・・・

社内のIT化はまず、PCを導入しデータを電子化することから取り組まれます。

例えば、PC2台以上ある場合に、データを相互に交換する都度、フロッピーディスクやCD等にデータを入れて受け渡しするのでは手間がかかり、十分なデータ共有が図られません。

そこで、PC間を常時接続する情報ネットワークの導入が必要になります。

情報ネットワークを整備することで、PC間の情報交換が行い易くなるだけでなく、データをリアルタイムに共有したり、アプリケーションを共同利用したりできるようになります。

情報ネットワークの整備にあたっては、インターネット方式を採用することにより、社内のネットワーク化だけでなく、社外の取引先とのネットワーク化もインターネットを介して容易に図ることができるようになります。

・社内電子メール、メール共用ソフト
・電子掲示板
・共有DBシステム
・スケジュール管理システム
・TV会議システム

などのシステム構築が有効です。

2009/10/21 新聞に掲載された。

新聞記事

愛知同友会の新聞にアップされました。

一つ目は、「社員と何を共有するのか」

社員さんと経営者が共に育ち良い会社、強い会社にすることを目的に学んで自社で何を具体的に実行しているのかをパネルデスカッションした内容です。

二つ目は、「IT経営のススメ!」

ITを高度に活用し、売上、利益をアップする考え方の講座です。

記念のためにMyブログにアップしました。

はっきり言って宣伝です。(*^_^*)

記事の文字が小さくて読めないので残念ですが・・・。

情報システム間の重複入力や管理をなくしたい

IT化の初期の段階では、個別業務毎にシステムが導入される場合が多く、部署毎に閉じたデータの利用にとどまっていることが多いと思います。

しかし、業務は、受発注から、仕入/生産、入出庫、請求/支払いまでが一連の流れであり、業務毎や部署毎に閉じたシステム化では、各業務や部署毎に同じデータの入力が発生してしまいます。

IT化の次の段階では、業務あるいは部署毎にシステム間でデータの整合を取るために、データの締め時間や締め日を設けて、各システムで相互にデータの入出力を行うしくみを導入するのが一般的です。

これによりデータの重複入力も減り、データの整合確認のための目視チェック等の管理負荷も軽減されますが、締めのタイミングまでの間は、業務毎や部署毎にデータの更新等が発生するため、これを一時的に紙媒体にメモしたり、別途システム入力したりして、次のデータ整合確認のタイミングで生じた差異を相互に確認しなければならないといった手間が発生していることも多いのではないでしょうか。

情報システム間の重複入力や管理の手間を極力無くす最も理想的な方法は、業務毎あるいは部署毎の各システムで、共通のデータベースを利用できるしくみを構築することです。

データベースを共有化するためには、将来も含めてシステム化を計画している全業務を対象として、まずデータベースの設計を行い、これに基づき、個別の業務システムの構築を進めることです。

また、パッケージを利用する場合には、個別の業務システムからデータを自動入出力出来る機能を持つものを導入し、別途データベースだけを共通で構築して各業務システムを接続させる方法もありますし、全業務を統合的にサポートしたパッケージ商品やASP/SaaSサービスを選択する方法も考えられます。

そのためのソリューションは・・・
・購買管理システム
・見積システム
・インターネット販売サイト
・販売管理システム
・顧客管理システム
・会計システム
・共通DBシステム

などがお勧めです。

2009/10/16 地域経済論について学ぶ

現代経済学の第2講座として「地域経済論、産業構造の変化と産業立地」について学んできました。

もう、題だけで難しいと思ってしまうような題目ですよね・・・・

難しいと思うのは私だけでないようで、出席人数も前回と比べると減っていましたが、新メンバーの顔もチラホラと見受けられました。

熱田同友会のメンバーさんも3名増えていました。

学んだことを要約すると・・・・

・製造業は、1991年バブル崩壊ごろから衰退傾向にあること。

・小売業は、1997年ごろから衰退傾向にあること。

・大店法に大きく影響したこと。

・まちづくり3法と大店法の関係。

・地方都市と町村部との区分けは薄くなってきていること。

・地方から大都市への通勤は進むが人口は増えないこと。

・生活圏は、地方であること。

・小売業は、郊外型と駅周辺型と対極分散すること。

などなどを改めて学んできました。

経済論も難しいですが、もっと難しいのは、ここで学んだことをどうやって自社の経営に繁栄させるのかが一番難題かなぁ~と思う毎回です。

出席されてない、同友会のメンバーさんも無料なので是非参加して頂くと知識が広がると思います。
現代経済学 講義

2009/10/14 オーダーメイドの良さ

「オーダーメイドの良さ」についてお話します。

良さは3つあります。

①作りたて
 最新の技術を使用して最新の事ができます。

②ほしい物が手に入る
 クライアントの希望したものが手に入ります。

③貴社独自のものになる
 他社にはない貴社独自のシステムになります。
 経営戦略、事業の武器になります。

大きく分けると以上の3点になりますが、他にも投資したコストは無駄にならないとか・・・・

貴社の改革に合わせてシステム変更が容易だとか・・・

パッケージにはないメリットが多くあります。

ただし、何でもかんでもオーダーメイドが良いと思ってもいけません。

例えば、会計業務とか、給与業務のように、どこの企業でも同じ業務を行っているような業務ではオーダーメイドにするメリットは、あまりありません。

会計業務、給与業務に投資をするのではなく、その投資を経営改革、売上アップ、利益アップに繋がるシステムに投資することが重要です。

一昔前は、コンピュータと言えば事務作業削減とか、事務作業効率アップとかに投資をしていましたが、現在では当然のこととなり、コンピュータを高度に活用し売上アップ・利益アップに投資する活用が、この厳しい時代に勝つために重要なのです。

これが「IT経営」なのです。

場当たりにパッケージを購入したり、出来合いのシステムに業務を合わせてみたりしていては、いずれ二重投資をすることになります。

人材教育と同じです。

学卒から採用して教育して育てた方が絶対に良いように、システムも貴社の規模に合わせて育てる方が絶対に良いのです。

貴社の身の丈に合ったシステム投資を少しづつでも良いので進めることが重要です。

貯蓄と同じです。

以上、オーダーメイドシステムの良さについてお話させて頂きました。

2009/10/13 三連休

三連休、皆さんはどんな過ごし方をしましたか?

私は、2日趣味の木工、1日妻と母を連れてドライブです。

妻と母を連れてドライブしたお話をします。

昼前から長久手にある「ござらっせ」に出かけました。

何かあるかなどまったく判らず出かけました。

道の駅と温泉でした。

妻が道の駅が大好きで、母は何でも買うことが大好きなのでOKです。

歩け歩けツアーの人たちで店内はごったがえしていました。

妻は、岐阜方面の方が「安いよね・・・」、「ここは高いよね・・・」と言っていましたが

結構いろいろと購入していました。

時間も早いので次どこに行きたい・・・・

結局、東谷山フルーツパークで食事をすることに決定です。

駐車料金300円を払い駐車。

園内でもイベント最中、ここでも多くの人々で一杯です。

大道芸人を見たり、狂言「泉モトヤ」←漢字が判らない・・・

狂言は非常に勉強になりました。

芝居とは、室町時代に芝の上で座って見ることから「芝の上に居座る」が「芝居」と総評して呼ぶようになったとか・・・・

狂言と歌舞伎の違いであったり・・・

普段、興味がないので私的には勉強になった一日でした。
イズミモトヤ

2009/10/7 愛知フォーラムに参加

昨日は、愛知中小企業家同友会の愛知フォーラムに参加しました。

愛知中小企業家同友会 3000社が集まり年1回の一大イベントになります。

私は、3回目の参加になります。

13時から基調講演「伊賀の里 モクモク手作りファーム」さんの生産から販売まで一貫した心、愛のこもった経営体制のお話をスライドを見ながら面白くおかしくお話をして頂きました。

私の感想は、立場上控えます。

愛知フォーラム モクモク手作りファーム

基調講演の後は、各分科会に別れ各社個別の課題解決のために各部屋に移動です。

私は、第3分科会でした。

「信頼関係は社内のコミュニケーションから
       ~今だからこそ問われる労使見解」です。

学んだことのある方は、上記テーマを見れば内容が見えてきますが、今までに真剣に考えたことが無い人や、このテーマについて学んだことが無い人は、本来の信頼関係、労使見解については、このテーマからでは理解できないと思うほど、奥が深い内容です。

だから、私もこの場では、説明しません。

わが社に来てくれれば2時間でも半日でもお話をします。

わが社の社員も、人前で説明できるほどではありませんが、ある程度、理解していると思います。

私が2年間も事があるごとに話をしていますから・・・


19時に終了したのですが、帰りは台風18号の影響でベタベタ状態でした。

2009/10/1 現代経済学 講義に参加

昨日は、名城大学にて産学連携での「現代経済学」について講義を受講しました。

大学時代に勉強したはずの経済学では、こんなに真剣に聞き入ったことは無かったのですが、非常に難しく感じました。

参加者50名程度ですが、会場は90名参加でるようなので、もっともっと多くの方が参加してもらえれば良いと思います。無償ですしね・・・

私は、人間力経営について多くの学びをして来ましたが、今回は情報収集での現代経済学です。
人間力経営と現代経済学では、まったく異なることですが、しかし、人間力経営を推し進めるためにも多くの知識と情報は必要と感じたので出席しています。

月に2回、来年春まで継続します。

老体の硬い頭に血流を流す良いチャンスですので頑張ろうと思います。

先ず昨日では何を勉強したのかは・・・
お国が出してきている資料から意味を読みとることでした。

グラフも何気なく見ていても何も感じないのですが、教授の話を聞きながら、また他のグラフと比較しながら見ていると「あ~なるほど」と思うことが多くありました。

たとえば、これからの大都市では、更に採用が難しくなるとか・・・・
大都市と地方都市での格差はどんどん無くなってくること・・・
行政の施策は、これまでことごとく失敗に近い状態であったということ・・・など。

現代経済学に参加して思ったことは・・・・
人間力経営(人間尊重、労使見解、自主性、コミュニケーション、やりがいやる気、経営理念など)を学ぶことは必須なのは間違いないのですが、畑の違う知識や情報も必要なのだと思いました。
特に現状に満足していない人・経営者達には「過去から未来を読む」ことは重要だと感じます。

現代経済学 講義

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: