FC2ブログ

2009/8/31 衆議院議員選挙

とうとう自民党が野党になりました。

過去数回に渡り自民党に対して我慢してきたことが、ここに来て一挙に爆発した結果になったのでしょう。

民主党に期待した結果ではなく、自民党に対してダメを突きつけた結果ですね・・・

民主党のマニュフェストは、止めてほしいです。

決して継続的な「豊か」には繋がらないと思います。

政治がバタバタしているうちは、経済もバタバタなのが困ったものです。
スポンサーサイト

2009/8/27 通夜

同友会メンバーのお父様の通夜に参列しました。

 91歳とのことで「おめでとう」でしょうけど、やはり残念なことです。

 自分には、父は他界していませんが、母がいます。

 母の時を想像したら「涙」が・・・

 「お悔やみ申し上げます」

2009/8/26 同友会作業の一日

同友会の準備やまとめの一日になりました。

8月グループ会の報告書作成。

9月グループ会の案内作成と案内。

8月例会の報告書作成。

少し、社内作業をした。

ほとんどが、同友会作業で終わってしまった。

2009/8/25 バタバタの一日

・ドメインサーバーの入れ替えに伴い朝からバタバタ状態。

 責任者は体調不良で遅刻。
 各現場クライアントでは、ネットに繋がらなかったり、ファイルサーバーに入れなかったり・・・
 ファイルサーバーのセキュリティ管理ファイルが壊れたりと・・・

 昼過ぎには回復しましたが、3人ぐらいの社員がバタバタ作業でした。

・夕方から「熱田同友会8月例会」に参加。

 熱田同友会では初めての試みであるITに関しての例会です。
 テーマ「IT経営のススメ!」と題して自社にITを取り入れて強い組織作りの考え方について行いました。
 まずは、自社にとっての経営課題をしっかり見つけることが重要。
 そして、人材教育で乗り越えるか・・・ITを活用するのか・・・判断することです。
 ITについて経営者が無知ではダメであり、ひとつの選択しとすることです。

非常に疲れた一日でしたが、充実した一日でもありました。

ウィルス感染について

ウィルスと言っても新型インフルエンザの話ではありません。

コンピュータウィルスの話です。

最近、業務ソフト工場のクライアント様でウィルス感染した事例が立て続けに2件ありました。

原因は、ウィルス駆除ソフトが入っていないか、入っていても正常稼動していないかによる感染です。

業務ソフト工場では、必ずウィルス駆除ソフトの導入を強く推奨していますが、導入をし忘れたり定義ファイルの更新を手動に切り替えたあと忘れたりしたことによる障害です。

定期保守点検でサービスマンが毎回確認しておりますが、定期訪問も3ヶ月ごとになるのでその間に感染したようです。

当然、完全に駆除完了しております。

ITの世界では、ウィルスは全世界を飛び回っています。

多くの場合、感染していても気付かないことが多く、障害が発生してからドタバタとするケースが多いです。

現実的に、ウィルスに感染すると言う危機感は、当たり前の危機感とすることが重要です。

ウィルスに感染すると、感染したPCだけが使えなくなるのではなく、1台感染したら全PCが使えなくなると思った方が良いでしょう。

感染したら最低でも1日はシステムが停止します。

その日の業務にも多大な影響がでることは間違いありません。

事前の対策により「感染しない」方策を実施することが重要です。

詳しくは、↓
業務ソフトのことなら、業務ソフト工場

IT経営課題の解決システムについて30

業務情報を電子化して管理したい(受発注業務や社内の業務をコンピュータで管理したい)

業務情報を電子化して管理することで、データの再利用が図られデータ入力の手間が削減されるとともに、集計や帳票作成等の作業を自動化できるので、事務処理負荷を大幅に軽減する事ができるようになります。
業務情報の電子化による高い効果を引き出すには、次の3つのポイントがあります。
第一に、受発注や入出庫指示、請求支払といった一連の業務の流れにおいて、できるだけ初期の段階でデータを電子化することです。
例えば、営業担当が電話で受けた注文を一旦伝票にメモし、システムへのデータ入力は別の事務担当が行い、印刷した注文一覧表を営業担当が確認し、事務担当が訂正データの入力を行う、といった手続きを踏んでいては、一向に効率が上がりません。
営業担当が注文を受けた時点で、直ちにシステムに入力するようになれば、入力は一度の手間で済みます。
なお、現場担当者のデータ入力負荷を軽減するために、バーコード等の自動認識技術を利用することも一案です。
第二に、受発注や入出庫指示等の各業務システムを独立して構築するのではなく、業務システム間でできるだけリアルタイムにデータ交換できるしくみを構築することです。
市販のパッケージソフト等を利用する場合には、データ出力機能およびデータ取り込み機能があるものを選ぶとよいでしょう。
自社の専用システムを開発する場合には、商品企画や受発注から請求・支払までの一連の業務全体を対しようとして、一体的にシステムを構築することが理想です。
第三に、社内業務だけでなく、取引先との間でも電子データで受発注等を行うことができれば、双方の入力負荷がさらに軽減され、情報交換の精度向上やスピードアップが図られます。
企業間のデータ交換は一般に、EDI等と呼ばれるシステムを構築して行われますが、このような専門のシステムを導入せずに、顧客からの注文のメールから電子データを自動で取り出す簡易なしくみを構築して運用している事例もあります。

そのためのITソリューション(どんなシステムが良いか)

・生産管理システム
・インターネット販売サイト
・自社サイト・ポータルサイト
・販売管理システム
・顧客管理システム
・運送計画システム

などを、検討して導入すれば、課題を解決できます。

詳しくはお電話、メールを下さい。無料にてお答え致します。
業務ソフトのことなら、業務ソフト工場

IT経営課題の解決システムについて29

個人情報保護に関する適切な対応を行いたい

個人情報保護法対策において、特に考慮すべき事項として、以下の2点があげられます。
一点目は、個人情報を利用する際は、当人に利用目的を明示し許可を得た上で利用しなければならないことです。
これにより生じる具体的な対応として、例えば、ダイレクトメールは効果のある営業ツールの一つですが、送付した相手から拒否の申し込みがあればこれに応じなければなりませんので、そのための名簿管理をきちんと行わなければなりません。
また、これまで様々なチャンネルから収集、蓄積されてきた個人情報は、その一つ一つを利用目的に合致しているかどうか確認する手段がありませんでしたが、今後は、個々の個人情報について、取得チャンネルや許可を得ている利用目的の範囲も把握する必要があり、きめ細かい名簿管理が求められます。
二点目は、個人情報の漏洩防止です。
個人情報の流出により、流出元の企業責任が大きく問われる事件が多発しており、企業は、社員および部外者による、不注意および故意の個人情報漏洩を防止するための対策を打つことが求められています。
個人情報を電子化して管理することで、利用目的の範囲の変更を都度反映されることができますし、ダイレクトメール等の送付先データも自動作成することにより、手作業によるミスを無くすことができます。
さらに、個人情報をシステム上で管理することにより、データへのアクセス許可制限や、アクセス履歴記録による監視等を容易に実現することができます。

そのためのITソリューション(どんなシステムが良いか)

・個人情報保護対策診断ツール
・電子帳票システム

などを、検討して導入すれば、課題を解決できます。

今回は少し難しかったと思います。
詳しくはお電話、メールを下さい。無料にてお答え致します。
業務ソフトのことなら、業務ソフト工場

IT経営課題の解決システムについて28

内部統制、J-SOX法に対応出来る仕組みを構築したい

「統制環境」「リスクの評価」「統制活動」「情報と伝達」「監視活動」「IT統制」の6項目に関して、システム構築を的確に行うことが、新会社法およびJ-SOX法に対応できる内部統制のシステム作りの基本となります。
(注:「IT統制」すなわち情報システムの適正性の担保義務は、米国版にはない日本版SOX法特有の項目です。)
先行する米国では、SOX法対策にかかったコストのうち80%以上が内部統制の構築、中でも、企業内の業務手順書作成差作業に費やされたと言われます。
さらに運用開始後も日々の実業務の記録文書作成作業が継続されるため、その作業負荷は膨大になります。
J-SOX法への対応にあたっては、この業務手順書および記録文書の作成作業を省力化、効率化することが重要となり、そのためにもITツールを活用することが有効と考えられます。
ただし、J-SOX法では、IT環境やシステムの変更に合わせて業務システムが変更になった場合にも、その変更点を手順書に反映させなければならず、将来的な改修にも対応できるシステム構築を考慮する必要があります。
J-SOX法において評価および監査対象の要となるのは会計システムですが、会計システムへの情報入出力に関与する全ての業務も対象に含まれます。
また、信頼性や正確性を担保された情報が確実に伝達されるプロセスの確立も求められており、さらに、情報伝達が確実に行われたことを経営者等にフィードバックするしくみの構築も必要とされています。
経営者はJ-SOX法対応を機会に、業務全体を見直し改善するとともに、J-SOX法に対応したシステム構築により、日常業務で新たに発生する対応負荷を極力軽減することが求められています。

そのためのITソリューション(どんなシステムが良いか)

・会計システム
①文書化支援機能や文書テンプレートの活用
②J-SOX対応の業務アプリケーションの活用
・資金計画システム

などを、検討して導入すれば、課題を解決できます。

今回は少し難しかったと思います。
詳しくはお電話、メールを下さい。無料にてお答え致します。
業務ソフトのことなら、業務ソフト工場

OJT歓迎会

現在、4名のOJT生が学んでいます。

3名は1ケ月も経ってからの歓迎会です。

楽しい時間を過ごすことができました。

OJT歓迎会、一揆のみ
↑一気飲み

OJT歓迎会、中むつまじき二人
↑仲むつまじき二人

第9期社員と学ぶ共育講座 終了式

「第9期社員と学ぶ共育講座」 終了式を昨日向えてきました。

今回も3名の社員が終了しました。

これで修了者は、トータル9名です。

今までの脱落者はいません。順調に進んでいます。

でも、今回終了した人達も、これからがスタートです。

本講座は、特にテクニック講座ではないので自社に帰ってから「本当に理解しているのか・・・」が問われます。

内容的には、何も難しくなく、全て分かっていることを再認識する講座です。

よって、自社に帰って何かを行動や言動に表さないと何も変わってないように見えますし、実際何も変わってないのです。

変わる人は、本講座を受講し終了したら大きく変わりますが、変わらない人は全然変わりません。

でも、変わってない人に「わかっていますか・・・」と聞くと分かっていると必ず答えます。

分かっていないので本講座に出席してもらっているのに・・・

わが社もトータル9名終了し、社内も大きく変わっていますし、明るくなっています。

今後も続けて参加して行きたいです。

以下、終了式の模様です。

一人ボケボケです。通常でもフラフラした動きなのでピントが合いませんでした。すいません。
共育講座 終了式
共育講座 終了式
共育講座 終了式

IT経営スキルアップ研修会に参加しました。

IT経営スキルアップ研修会に参加しました。

3回通しの研修会です。

西尾商工会議所で行って着ましたが、途中場所を間違えてしまいバタバタしたスタートになってしまいました。

20数名の参加者で4グループに別れ「経営課題を明確にし生き残り策を考える」または手法を学びます。

一般的に、そんな「生き残り策」なんかの手法などあるわけ無いじゃんと思われる方が多いのではないでしょうか・・・

実はしっかりとした手法があるのです。

但し、言えることは、正解が無いということです。

どこまでしっかり自社のことを分析して理解しているか・・・
そして、目標が明確になっていて決して諦めずにその目標に邁進するか・・・

往々にして自社のことは分からないものですが、他社のことは良く分かるものです。

自社をもっともっと繁栄したいと思われる方は、参加すると答えが分かります。
先ずはご連絡を下さい。各地で開催しています。
業務ソフトのことなら、業務ソフト工場

義理の父、死去。

8月1日0時25分、義理の父が亡くなりました。

往年81歳でした。

1日、2日と我が家にとっては佛日となりました。

16年前にも同日に実の父を亡くしております。

実の父も義理の父も同日になるとは・・・本当に奇遇です。

決して忘れることはないでしょう。

お寺さんに言われました。

「人のゴールは死である」と・・・生前はその「死」を「欲」とか「希望」「夢」という壁で見ないようにしているが、年を重ねることにより「欲、希望、夢」という壁をクリアーして少しずつ「死」が見えてくるようになると仏前に手を合わせることが多くなるそうです。

「死」というものを見直す良い機会となった2日間でした。

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: