FC2ブログ

命の重み

命の重み、愛する人の存在の重み

今だからこそ言える命の重み

いつも健康で、風邪一つひく事もなく、熱も出すことがない娘が

ある日、突然、救急車で運ばれた。

しっかり意識もあるのに

病院に着き間もなくしたら

「危険な状態です、緊急手術を致します」

手術内容の説明と可能性の説明を主治医から受け

時間的余裕も無い状態の中

主治医から「万全の体制で対応します」との言葉を信じるしかなく

何も出来ない父親

大きな病院設備や先生方の力に頼るしかない自分

説明も上の空のもと

「とにかく早く対応してください」

「早く手術してください」

「早く治してください」とばかりに。

娘が手術室に入り、1時間、2時間・・・

ようやく、「手術は無事に終わりました」と主治医の先生から説明があった時は、ガッツポーズでした。

その後 ICU に移動しますと言われてから更に1時間娘は出てきません。

あれ?

成功したんじゃなかったんだっけ

 ICU に行くんじゃなかったんだっけ

何も分らないまま時間が経ち2時間ぐらい経ったころ

看護婦さんからICUへご案内をしますと言われました。

なんだもう移動していたんだ。

実は手術室から ICU への病室へは繋がっていたのです。

ICUに入り娘が寝ている姿を見て意識がモウロウとしていることがわかりました。

一言、「よく頑張ったね」と言ったことを今でも覚えています。

もう泣きそうでした。


そんなことがイキナリ来たのです。

超長かった一日から

早、ひと月が過ぎ、今では自分の自宅に戻りました。

娘と会話する時間、孫とバタバタとする時間、何気ない時間であってもひと月前のことが頭から離れません。

万が一のことを思うと・・・

今、この時間、ひっとすると娘と会話をしていなかったりしているんだと思うと心が苦しくなります。

いきなり命を亡くすことが

他人ごとではなく

ドラマでもなく

すぐ自分のそばにあるんだということ

とても大切な人が、自分の傍からいなくなる事の可能性があるんだということを今回神様から教えて頂いたんだと思います。

このことに触れることすら、したくなかったこの一か月。

やっとこの社長の足跡ブログで書くことができるまで心が落ち着きました。

これからもこの経験を生かし「心豊か」に人生を送りたいと思います。

今回は神様に感謝すると共に大きな病院が傍にあってありがとう。

最後まで読んで頂き感謝です。
スポンサーサイト



令和 即位礼正殿の儀

こんにちは、皆さんは10月22日に行われた「即位礼正殿の儀」を見ましたか?

私は、平成天皇が行った30年前に見て

今回、二回目として見ることができました。

ただ、中庭が雨のため使用できず、会場内での参列となりましたね。

天皇陛下が「高御座(たかみくら)」に座られ

皇后さまが「御帳台(みちょうだい)」に座られました。

これは前回と同じだったような気がします。

そして上皇陛下の思いが

天皇陛下に伝わっていることが

天皇陛下の言葉からも掴み取ることができました。

国民に寄り添うことはとても良い事だと思います。

昔、憲法が制定された時

天皇陛下を国民の象徴にしたことは大正解だと思います。

当時の天皇陛下にとっては屈辱だったと思いますが

今となればとても良い結果になったと思います。

ここに関しては戦争に負けたことを感謝しています。

感謝っていうのも変かもしれませんが・・・

心新たに今回の儀式をできたことを喜ばしく思っています。

ただ最後に安倍首相が万歳を三唱したところは

少し戦争当時のことを思い出すと言う感じがしました。

今の時代

天皇陛下「万歳」ということは

中々言わないと思います。

寄り添うのであればその部分は

例えば

「三三七拍子」にするとかにしたらどうかなと陰ながら感じました。

しかし、とても良い文化だったと思います。

これからも平和が続くことを祈りながら見ました。

最後まで読んで頂き感謝です。

ラグビーワールドカップ2020

仕事に直接関係のない話となります。

皆さんは、今行っているラグビーワールドカップに興味がありますか。

我がインデックスで全社員に聞くタイミングがあったので

始まったばかりの日本の第1試合ロシア戦

それが終わった後

「見た人」という私の質問に対して、誰もライブ観戦しなかったというのが答えです。

まあ、サッカーに比べたらラグビーは人気がないということは理解していましたが

30人中、誰も見ていないというのには驚きです。

流石にIT企業なのか、オタク集団なのか(笑)

最近の若い人達は、テレビを見ないということも理解していましたが

さすがに日本対ロシア戦のラグビーワールドカップやラグビーに関わらずいろんなスポーツがオリンピック前の年ということもあり盛んに行っています。

それもあって少しはスポーツ熱が上がっているのかなという風に思っていましたが

現実的には見ていなかったということがわかり少しギャップを感じました。

私はラグビーに関しては、ここ最近とても興味があり

義理の息子がラグビーの監督や審判をやってるという関係で色々とルールを教えてもらったり

考え方を知ることができています。

それで特にこの1年興味を持っているわけなので

あまりラグビーに興味のない人たちのことを

どうのこうのと言える立場ではありませんが

ラグビーを知ることによってラグビーの良さ

ラグビーって仕事にもつながるんだとか

もっと言うと人生にもつながるんだというところまで最近知ることができました。

「一人はみんなのためにみんなは勝利のために」という言葉がラグビーにはあるように

仲間のために戦うんだ

勝つためよりも怪我をしないために体を鍛えるんだとか

ノーサイドという言葉があるように

試合が終わったら勝ち負け関係なく相手を称え合うんだ。

見ていて、とても感動する場面が多くあります。

そんなラグビーの良さをもっともっと多くの人が知れば

社会も心豊かな人たちが多く増えるんではないかと

ラグビー観戦しながら思いました。

最後まで読んで頂き感謝です。

川遊び

夏といえば川遊び。

私は、5歳の頃から川で夏の時期を過ごしていました。

山で虫を採ったり、川で魚釣りや泳いだりしていました。

心の記憶は大人になっても鮮明に残っており

結婚した当時も必ず子供を川へ連れて行き

川の素晴らしさを伝えて行こうと思って続けていました。

もう今の私は自分の子供のことよりも

孫が出来ており、自分の子供よりも孫の方が楽しくなっております。

先日も孫を連れていつもの川へ泳ぎに行ってきました。

その日は、少し水量が多く水も濁り気味でしたが

都会と違って涼しく水も冷たく

水に慣れるまでに5分ぐらいかかりましたが・・・

私には孫が4人。

5人目ができる予定ですが

その4人目の孫が可愛い(当然全員が可愛い、大好きです)。

川遊び初となったので4人目の孫とほぼ終日一緒に川で遊びました。

子供は最初が肝心で最初に怖いと思うと、その怖さはずっと残り

また、最初に楽しいと思うとその心はずっと楽しいと残ります。

できれば孫には、川は楽しいものだということを知ってもらいたいと思います。

今回は孫全員にライフジャケットを

私もライフジャケットを始めて着ました。

ライフジャケットってこんなに浮くんだっていう実感

もう一個気づいたのは、ライフジャケットを着ていては潜れないんだということも気づきました。

安全を取るのであれば絶対にライフジャケットは必須だと思います。

ただ自分の体力や川や泳ぎに自信があればライフジャケットを着ていては

本当の川遊びの良さは分からないと思いました。

潜ったり、小石を探したり、魚を追いかけたりしたりする。

そういったものも川遊びでは最高だと思います。

これからも体力が続く限り川遊びは毎年続けたいと思います。

いつまで孫が付き合ってくれるかわかりませんが・・・笑い

今回は個人的な内容でしたので

ちょっと会社の内容とは違いますが

気に入らなければ無視してください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
2019_0804_13473100_convert_20190809092450.jpg

父の命日

本日、8月1日は私の父の27回目の命日であり、孫2歳の誕生日となります。

私が39歳の時に父が倒れ

何が起きたのか頭が真っ白になるぐらいわけもわからない状態を記憶しております。

当時は、サラリーマンをやってる時に妻から電話が来て

「お父さんが倒れた」と連絡が入った時は

何が起きたのか?訳も分らず、どんな状況でタクシーに乗って帰ったのか?

あまり覚えていません。

直接病院に行ったことは、何となく覚えていますが・・・。

倒れてから約1年間、

母が看病を行い、誠心誠意を尽くしたのですが

結果的に他界してしまいました。

医者からは、数回意識を失ったり倒れることを繰り返せば・・・と

事前通告を受けていたので、心の準備はしていたつもりでしたが

やはり実際に父を亡くした時は、

父の偉大さを実感したということを覚えています。

親でも社員でも友達でもそうですが

存在している時は、特にその重要さに気付かず

亡くして初めて、その重要さに気づくということをこの歳になると何度も経験しておりますが

それでも今を大切にするということについて

ないがしろにしたりすることが多くあり

いつも反省しています。

自分も父の亡くなった年齢をとっくに過ぎており

母も90歳となります。

私も母に比べれば、まだまだ若いですが

これからあと何年生きれるか分かりませんが

病気をすれば、もう来年はいないかもしれないし

病気をしなければ長生きするのかもしれません。

どうなるかは誰もわかりませんが、

分からないからこそ、自分は82歳まで生きると考え

日々行動しています。

今は、「今を楽しく」をコンセプトにして楽しみながら

誰かの役に立ち

生きているつもりですが

「楽しみながら」と思っておりますが

まあ、現実的には楽しむことは少ないですが

でも意識することがとても大切だと思います。

父の命日にそんなことを振り返った日でした。

最後まで読んで頂き感謝です。

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: