FC2ブログ

インデックスの全体会

インデックスの全大会

インデックスグループでは社員だけで行う「社員会」を行っています。

この社員会は、会社を「良い会社」にするための取り組みの会です。

今回、お話しするのはこの社員会の話ではなく

四半期ごとに行う「全体会」という会のお話をします。

全大会は、経営者も参加し

四半期ごとの振り返りや

勉強会、企業内のベクトル合わせなどを行う会です。

社員会も全体会も第3土曜日を活用しております。

なので、インデックスは完全週休2日制ではなく週休二日制と言えます。

ただ、第3土曜日は短ければ2時間

長くても6時間ぐらいで

終了するように組まれていますので

フルタイム拘束するという意味ではありません。

インデックスは、本社で働く人

常駐して働く人と

大きく二つの働き方があります。

ので、全員が会うということは

必要だと思い20年前から行なっている取り組みです。

社長が入らず本音トークを言い合うことの楽しいことや

辛いことなどがあっても

一人ではないんだということを認識する場ともなります。

社員会や全体会は毎年の様に改良や改善され

バージョンアップされて来ております。

これが正解かどうかは本当に分からなく

業務実績の振り返りなども1時間ぐらいやりたいと思っていても

20分ぐらいで終わってしまいます。

ただインデックスでは週次報告や月次報告なども行なっており

全体会の四半期振り返りをやらないと経過や結果が分からないという状態ではないので

実際としては、報告会というよりもイベント的なものなのかもしれません。

この業務報告の有り方も改善した方がいいかもしれません。

ただ、これがあることにより

経営者は当然数字を知っていますが

他のリーダーも他人の実績を知り

一般社員も会社全体の実績を知る場になることは

とても重要だと思っています。

自分の仕事だけしか見えてない状態で

本当に「会社の一員」だと言えるでしょうか。

特にインデックスは、「社員が主人公」の企業を目指しています。

そう考えると全体会で全員が集まり会社の業績を知るイベントであっても重要だと思います。

今日は、私の単なる思いを記事にしました。

最後まで読んでいただき感謝です。
スポンサーサイト

若者の未来は若者が創る

私は、愛知中小企業家同友会の会員です。

昨年まで理事をやっていました。

私は社員教育に力を入れており社員教育と言っても教え育つ「教育」にとどまらず
共に育つ「共育」(きょういく)を中心に学んでいます。

ここから本題ですが

未来は誰が作るのか?

問いに対し

我々年配者が作るのではなく

当然ながら若い人たちが未来をつくる。

これは誰もが知っていることだと思います。

いろんな過去の行動や判断が、今の結果を作り

今の結果から今の行動や判断を行い

未来を作っていくのです。

だとするならば、今の判断や行動は若い人に任せるべきであり

今の若い人たちが行った行動や判断した結果が
その若者たちの未来を作っていくんだということに他なりません。

若い子達の未来に線路を引いたり

若い子たちに、年配者が「あーしろこうしろ」

それは駄目だと言っているのではないでしょうか?

過去の原因が今を作り

今の行動が未来を作っている。

この話は中小企業家同友会諸先輩たちが私に教えてくれた話です。

インデックスグループも「社員が主人公」の企業になろうとしています。

経営に新入社員以外の人であれば

誰でも参加ができる制度(経営企画委員会)があります。

それは20代30代の人が未来のインデックスを作るからです。

その人たちが経営を議論し

その結果がインデックスを成長させていく。

だから幹部や経営者が全て判断するのではなく

若者達と一緒になって意思決定を見い出していく。

我々年配者はその支援をすればいいだけだと思います。

言葉では、そうだと言って皆さんも理解されると思いますが

現実的には非常に厳しい社会であり

口を出し続けなければ会社はなくなってしまいます。

だからこそ、若い人たちと一緒に考え

一緒に成長させていくという風土、社風

これこそが、50年、100年と企業を成長させていくものと信じております。

最後まで読んでいただき感謝です。

やっている「つもり」

信頼関係を築くには

一つ、約束を守る

二つ、相手の身になって物事を考える

三つ、言うことと行うことを一致させる

四つ、経過や結果をこまめに連絡する

五つ、相手のミスを積極的にカバーする

これらが出来ていると信頼関係ができると言われる。

自分自身も理解して納得しているつもりだけど

出来ているかどうか?

いつも自分に問いかけています。

自信がないので、この五つはやっぱり約束を守ってる「つもり」・・・

相手の身になって物事を考えている「つもり」・・・

言うことと行うことを一致させている「つもり」・・・

全てが「つもり」になっているんじゃないだろうかと疑問視している。

自分でやっていると思っていても、実は他人から見たらやれていなくて全てが「つもり」になっているんではないだろうか?

だから信頼関係が築けているようで、実は気付いていないことが有るのではないだろうかと思う。

どうしても考える基準が自己中心的に考えてしまうのが人間であり、その時の判断としては自分が中心なので相手が後になる。

この五つの事がやっている「つもり」になっているんではないかと思う。

自分を犠牲にする意識がなければ、相手に合わせようとはしないのではないかと思う。

私も自分自身に言い聞かせ相手に合わせる努力をしたいと思います。

最後まで読んでいただき感謝です。

社員教育に力を入れているインデックス

インデックスは社員教育に力を入れている会社です。

新入社員の研修から始まり数多くの研修や学びを多く行っています。

教え育つ「教育」から自ら学ぶ共育ちの「共育(きょういく)」を行っています。

中間管理者の研修としてコーチングを2年がかりで終わり、この3月から「経営と会計」の研修を2年がかりでスタートしました。

まず経営とは?から始まり、財務会計と管理会計の違いを学び、管理会計をメインに行っていきます。

幹部リーダーは自分に与えられた仕事だけ出来れば良いという幹部リーダーは必要なく、会社全体のことが考えられる幹部リーダーが、私は本当の中間管理職以上の人の役目だと思っています。

自分の仕事だけできればいいというのは単にリーダーであっても、本当のリーダーは会社全体のことが考えられた上で自分の仲間を引っ張る人が真のリーダーだと思っています。

そのためには会社全体のこととか、理念、考え方、会計を知識として知っている必要があると思います。

いくら地頭が良く知恵がある人であっても知識というベースがなくては知恵も発揮出来ないと思います。

その為には、先ずは会社のベースとなる管理会計を学び、一対一の法則やアメーバ経営、理念経営について知る必要があると思います。

ガラス貼り経営も必須です。

最初の第1回目は、半分以上が自己紹介で終わりましたが、先生の人と成りも分かり、2年という長丁場をやっていく上にはお互いを知るということでとても上手な運び方だと思いました。

話し方も上手であり自ら笑顔や笑いを誘い場を和ませ発言を促したりする、とても綺麗な先生で社員たちも喜んでいたと思います。

時々、途中経過をこのブログで報告したいと思いますが、今回は経営と会計という管理者セミナーがスタートしたことを報告して終わりとします。

最後まで読んでいただき感謝です

社員が主人公の企業

社員に任せる、社員が主人公の企業にしようとしている。

だから経営者はあるべき姿のみ決める。

あるべき姿は、結果をどのように達成するのか、その方法や行動については社員に任せる。

ただ任せたからといって結果が出る保証はどこにもないが、社員をひたすら信頼しPDCAを回すのみである。

社員の能力によってできる人とできない人が当然ながらいる。

最終的に結果が出ない場合は、社長が責任をとる。

当たり前だが・・・。

問題は、どこまで社員に任せればいいのか?

最終的には社長が責任を取るわけだから、あるラインからは社長も口を出しフォローという形で達成出来る様に、会社の存続が危険になることを防ぐ程度に口を出すことになる。

社員に任せたからといって結果が伴わなかった場合、社員を責めることはしない。

出ない状態が続けば会社は倒産してしまう。

このボーダーラインが口を出すか、出さないかのボーダーラインとなり非常に難題である。

会社の規模やレベルに応じてそのボーダーラインは違ってくると思う。

今のインデックスは、任せてほしいという社員の自主性は育っている。

後は結果が伴うかというのは、まだまだ不安が残っている。

社員の成長を期待するためには失敗をさせる必要がある。

失敗をして欲しいわけではなく、失敗することによって自分の能力を知りさらに頑張ろうとする。

だから自ずと失敗が必要となる。

インデックスは10年も前から良い会社を目指して理念経営を行っている。

しかし良い会社にするためには最低限の利益を確保することが必要であり、強い会社になっていなければ良い会社にもならない。

良い会社になっていなければ当然、強い会社にもならない。

良い会社と強い会社は不離一体であると思う。

これからもインデックスは社員が主人公であり、良い会社を作るために邁進していきます。

最後まで読んでいただき感謝です。

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: