FC2ブログ

日本語「働く」の語源

皆さん知っていますか。 

日本語の「働く」という語源は?

日本語の「働く」という語源は「傍を楽にする」(はたをらくにする)そういう語源だそうです。

対して海外、特にフランス語ではと言いますと 「とらばーゆ」の語源は、ラテン語で「拷問、責め苦しむ」という意味を含んでいるそうです。

もともとフランスやヨーロッパでは、奴隷の仕事であり貴族は働かないと韓国で発生していたようです。

この日本の語源とフランスの語源を比較するだけでも全く正反対な働くという意味があることが分かると思います。

最近の若い人たちの中には働くのは、単なるお金儲けだけであり給与の高いところにどんどん動いていく。

昔のように一生働き続けられる会社で長年お世話になったという気持ちも薄れて来ているように思われます。

日本人の文化、「他を楽にする」とても良いことであり 自分の「心が豊か」になり、「やりがい」に繋がっていくというように三つのメリットがあります。

「とらばーゆ」の語源に関しては、誰も喜んでいない誰も心豊かになっていない全く逆です。

このことをぜひ日本の文化としてこれからも多くの家庭に、特に若い人たちに教えていきたいと思います。

大企業よりも中小企業の方が働き方の満足度が高いという傾向が最近は出ているそうです。

当然だと思います。

大企業は40年で終わりです。 中小企業は、特に今のように人手不足の場合、定年後も再雇用という形で働いていて欲しいと願っています。

そして中小企業の方が社員たちの自立性や裁量制の範囲が広かったりしているので自ずと「やりがい」につながっていくんだと思います。

このことから日本で働く人たちの考え方を考えれば大企業のように定年まで働いて終わりという考えではなく働けるのであれば一生働く、一生を他の人の役に立つことで、心も豊かになるのではないでしょうか。

私は日本の文化をこれからもしっかりと守っていきたいと思います。

最後まで読んでいただき感謝です。
スポンサーサイト



インデックスG全体会の目的とは

昨日、「かんてんパパ」でおなじみの伊那食品工業さんに見学に行って参りました。

塚越さんに会うことはできませんでしたが

幹部の丸山さんから心の在り方や考え方などを聞くことができ、社内に持ち帰ろうと思いました。

そこで多くのことを学んだんですが、

一つだけ、まとめるとするならば

それはインデックスで行っている全体会または毎月行っている社員会についてです。

社員さんには、どんなことでも「その作業は、その仕事は、その掃除は、何の為に行うのか?」を常に考えなさい。と言っています。

多分、若い社員達は答えれないことも多くあるんではないかなと思います。

今度、朝礼の時に聞いてみます。


「全体会は何のためにおこなっているのか?」と質問してみようと思います。

 その目的は「一体感」、伊那食品工業さんの言葉で言えば「一枚岩」になるためである。

全員が同じ考え方でベクトルを合わせることによって

全てのお客さんに対して同じ対応ができる。

そのために利益のような数字のあるものは PDCA を回し

できていれば、さらに良くしていく、

できていなければ、なぜできていないのかを真剣にしっかりと考え次回は必ずできるようにする。

全員が一体感を持って行動すれば、自ずとモチベーションも上がると思います。

まだ、インデックスでは離職者が出ます。

ほとんどの離職者は孤立している人達です。

社内コミュニケーションをしっかり取ろうねとか

インデックスはコミュニケーションが良い会社と言いながらもまだまだです。

全員が一体感、一枚岩となり同じ目標に向かっていけば

自ずと「やりがい」になりモチベアップすることは間違いないと思います。

コミュニケーションが足らず、悩みも相談できず、一人孤立することによってテンションも下がっていき、最終的に離職するという流れになるだろうかと思います。

また、全体会は社員教育の一つでもあり、経営指針を達成するためのものでもあります。

社員教育は、立派な社会人になってほしいという思いでの教育もしております。

社内では、「人間力教育」と読んでいます。


立派な社会人とは何か

それは他人の役に立つ人になれ!ということです。

だから、単に自分だけの金儲けのために働くということではなく、それは社会人にもなっていない考え方です。

人の役に立つことができないのであれば

せめて、他人に迷惑をかけない人になれ!

迷惑とは何か

それすらわかってない人は

何が迷惑なのかに気付く人になれ!ということです。

気づかない人に気づけと言っても気づきません。

だから、周りの仲間達は分からない人に教えてあげてください。

これが、社員教育です。


最後にまとめですが

全体会は経営指針書を達成するため

社員教育のために行なっています。

だから、やらされ感で全体会や社員会に参加している社員さんは、まだまだインデックスの社員としては失格です。

全体会や社員会の目的を理解して参加して欲しいと思っています。

今年4月から入社する新入社員達も同様、しっかり教えていきますので、孤立することなく立派な社会人になって頂くことを願っています。

最後まで読んで頂き感謝です。

チーム インデックスで!(2020新年抱負)

新年あけましておめでとうございます。

「令和」初の子の年になります。

今年のインデックスグループを取り巻く環境は、東京オリンピックと製造業界の不況到来、さらなる海外不安、災害的気候、同一労働同一賃金等々と目まぐるしい動きになりそうです。

私は、日本文化の消滅を恐れる一人として今の若者達の心のあり方や考え方を危惧しております。

さて、インデックスグループは、三期連続で順調に推移、昇給も順調にアップ、一般派遣取得も無事に完了しました。

これも社員の皆さんのお陰であることは言うまでもありせん。

今年のインデックスグループの社長抱負は、在り来たりですがわが社に一番足らない言葉にしました。

One TEAM(ワンチーム)です。

流石にこの言葉は誰でも知っていると思います。

さらなるインデックスGの成長のために邁進しなければなりません。

そんな中で全社員が本当のチームになっていないと感じています。

全社員が一体となり一人づつが主体者となり全員が本当の仲間となって経営理念と「こうなるビジョン」を達成する中で個人の成長に繋がり心豊かとなるのです。

今年は、経営理念や「こうなるビジョン」の第二章として見直しの年に入ります。

10年以上掲げた内容と将来を見据え、見直しプロジェクトをスタートします。

そしてまた、2年連続でユースエール認定を逃しました。

逃した理由は一つです。他は全てクリアーです。

このユースエールは、優良な中小企業を厚生労働大臣が認定するものです。

愛知県内では現在22社しか認定されていない狭き門です。

皆の力を貸して下さい。

そして必ずや全員が「心豊か」になりましょう。

チーム インデックスで!
image_convert_20200106145801.gif

年末挨拶 2019

いつも「社長の足跡」ブログを読んで頂きありがとうございます。

今年は、本日をもって仕事納めとせて頂きます。

今年は、ほぼ計画通りに進みましたこと、皆様に感謝致します。

ただ、私が描いている本来の計画とはかけ離れていますが、これが私の実力なのかと思うようになりました。

今までは質・量・スピード全てを高めようと思って邁進してまいりましたが、どうも「質」を先に高めないと量もスピードも上がらないのではないかということが今年の状況を見て感じました。

それでも計画通りに進んだことは本当にありがたいと思っています。

そして2020年、インデックスグループは22年目になります。

過去の反省を踏まえ来年は「質」の向上に注力して高めていきたいと思っています。

社員の質、技術力の質、会社の質の向上をあげていけばおのずと量やスピードが付いてくるでしょうし、お客様の為そして社員の心豊かに繋がっていくと確信しております。

さすれば全員がONE TEAMとなり邁進していくと思っております。

来年もさらに質の向上を目指して頑張っていきますので、応援の程よろしくお願い致します。

本当に今年はお世話になりました。

ありがとうございました。

最後まで読んで頂き感謝です。
_獅子舞_convert_20191227085029

インデックスソリューションの創業日

本日は、株式会社インデックスソリューションの創業記念日です。

24日クリスマスイブです。

11年前にクリスマスイブを創業記念日にしたのは、たまたまこの時期で日にちを合わせたということだけの理由です。

特にカトリックでもないですし

クリスマスを祝うという気持ちもなく

たまたま24日が近かったので設立創業記念日としました。

元々インデックスソリューションはインデックスに何かあった時またはお客様を守るために

インデックスソリューションという会社を立ち上げました。

創業当時の名前は株式会社一番星という名前でした。

そんな中、いろんな人からトラック野郎だとか

ラーメン屋だとか

色々言われましたが、私は「お客様からみて一番最初に光る星になってほしい」と思ったので

一番星という名前をつけました。

誰が見てもIT企業の名前だとは思わないというのは確かにそうだと思います。

なので実態の活動を考え、現在に至るまでに名前が相応しくないということがあったので名称を変更し株式会社インデックスソリューションという名前にしました。

メインの仕事は派遣業務です。

お客様の中に常駐し請け負って作業する場合やお客様の指示に従って仕事をする場合

インデックスソリューションという名で仕事を行います。

インデックスグループの中では、特にインデックスソリューションだとかって言う扱いはなく

全てのメンバーは、どこの会社に所属していようが同じ条件で行なっています。

社員旅行も忘年会も一緒にやります。

これからもインデックスソリューションは、益々繁栄していこうと思っておりますので

宜しくお願いいたします。

今年もお世話になりました。

来年も宜しくお願い致します。

最後まで読んで頂き感謝です。

検索フォーム

プロフィール

【苅谷邦彦】

Author:【苅谷邦彦】
1955年、正月用のお餅をついていたら生まれた。
自然が大好き!
映画・ドラマを見てすぐに泣くタイプ。
勉強は嫌い、でも学ぶことは大好きです。

Facebookやってます!
Twitterやってます!

@KariyaKarikun
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メディア対応可
メディア対応(新聞・雑誌・TV・ラジオ)承ります。 気軽に声をかけてください。 取材依頼は下「お問合せフォーム」 または、電話052-678-2871までお気軽にどうぞ。
PCお助けマン
PCお助けマン
PCお助けマンは、中小企業様に向けた パソコン・ネットワークの総合保守サービスです。
業務ソフト工場
業務ソフトのことなら
業務ソフト工場へ
業務ソフト工場
業務ソフト開発を通してお客様のビジネスに貢献致します。
写真風サムネイルのリンク
管理者Page

㈲宝製作所

エバー㈱

小林商店

㈱文創

名古屋の税理士 野々山 恵 の開業日誌

香理-kaori-

㈱セイホーマックス

出張オーラ測定 Libraリブラ

看板ショップ 文化社 Staff Blog

HATBLOCK(帽子専門店)

㈱インデックスホーム

社長の趣味

X-day
月別アーカイブ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文: